HCL Z and I Emulator for Web (ENGLISH)
  HCL Z and I Emulator for Web (ENGLISH)
  Release Notes
    README
      Version 1.0
    More information
      System Requirements
      Known Issues
  Product Documentation
    Licensing
      Configuring ZIEWeb with Flexera for Licensing
      HCL ZIE License Manager
        Introduction to ZIE License Manager
        Installation and configuration
        Using the HCL ZIE License Manager
        Flexera Licensing integration
        Limitations of HCL ZIE License Manager
    Install Guide
      About this book
        About the other Z and I Emulator for Web documentation
        Conventions used in this book
        Terminology
          Terms relating to Java
      Planning for Z and I Emulator for Web
        Introducing HCL Z and I Emulator for Web
          What is Z and I Emulator for Web?
          How does Z and I Emulator for Web work?
          Why use Z and I Emulator for Web?
            A cost-effective approach to connectivity
            Centralized management of configuration data
            Connect directly to any Telnet server
            Browser-based user interface
            Supports many different platforms and network environments
            Support for Java
            Support for Internet Protocol Version 6
            Supports many national languages
            Secure connections
            Custom HTML files
            Toolkit for creating new e-business applications
            Support for WebSphere Portal
            Connections to DB2 databases on IBM System i servers
          What's new?
            Getting the latest information on Z and I Emulator for Web
        Planning for deployment
          Understanding the HTML-based model
          Understanding the configuration server-based model
          Understanding the combined model
          Client deployment considerations
        Planning for Java on the client
          Improvements to the client for Java
            Limits of support
          Downloading a client with Java
            Cannot download a component not in the preload list
            HTML files do not contain some components
          Mac OS X with Java
            Mac OS X limitations
            Slightly slower startup times with Java clients
            Limitations of specific Java plug-ins
            Limitations with customer-supplied applets and Java
            Limitations with restricted users and Java
          Browsers and Java plug-ins
            Java-enabled browsers
            Microsoft Internet Explorer with a Java plug-in
            Firefox with a Java plug-in
        Planning for security
          Transport Layer Security (TLS)
            How TLS security works
              Certificates
            TLS for Z and I Emulator for Web
              Session security
              Basic TLS enablement for Z and I Emulator for Web clients
              Examples of when to use session security
            Web server security
            Configuration security
          The Redirector
            Why use the Redirector?
            How the Redirector works
            Redirector load capacity
            Operating systems supported by the Redirector
              Operating systems that support IPv4
              Redirector support for IPv6
          Using Z and I Emulator for Web with a firewall
            Configuring firewall ports
            Connecting to a host system through a proxy server
              Connecting through a Socks proxy server
              Connecting through an HTTP proxy server
          User ID security
            Web Express Logon
            Native Authentication
            Windows Domain logon
          FIPS environments
        Planning for national language support
          Supported languages
          Supported host code pages
            3270 and 5250 code pages
            VT code pages
            CICS Gateway code pages
          Japanese JIS2004 Unicode support
          User-defined character mapping
          Unicode Support for i/OS and OS/400
      Installing, upgrading, and uninstalling Z and I Emulator for Web
        Installing the Z and I Emulator for Web server and related software
          Installing Z and I Emulator for Web using Installation Manager
            Important links
          Before the ZIEWeb Installation
            Preparing to Install
          Installing Z and I Emulator for Web
            Using the Installation Manager GUI to install
          Deployment Wizard
            Installing the Deployment Wizard
            Downloading the Deployment Wizard installation image from a Z and I Emulator for Web server
          ZIE Host Access Toolkit
            Installing the ZIE Host Access Toolkit
          Installing in the Console Mode
            About installing in the Console Mode
            Before installing ZIEWeb on IBM iSeries
            Installation procedure
            Installing Deployment wizard in Console mode
            Installing ZIE Host Access Toolkit in console mode
          Installing in Silent Mode
            Installation procedure
          Installing the configuration servlet
            Deploying the servlet on WebSphere Application Server
        Uninstalling the Z and I Emulator for Web server
          Uninstalling Z and I Emulator for Web using Installation Manager Console mode
      Configuring Z and I Emulator for Web
        Configuring Z and I Emulator for Web emulator clients
          Creating Z and I Emulator for Web HTML files
          Configuring Z and I Emulator for Web sessions
          Using the Deployment Wizard
            Distributing the Deployment Wizard output to your Z and I Emulator for Web server
        Using Z and I Emulator for Web administration and new user clients
          Loading administration and new user clients
          Administration clients
            Directory Utility
          New user clients
        Using Z and I Emulator for Web emulator clients
          Loading emulator clients
          Selecting the appropriate client
          Web Start client
            Installing the Web Start client
              Installing the Web Start client from the Z and I Emulator for Web server
                Using a Web browser
                Without using a Web browser
              Installing the Web Start client from a LAN or DVD
            Configuring your Web server for Web Start
              Apache HTTP Server or IBM HTTP Server
              Microsoft IIS 7.0
            Upgrading the Web Start client
            Adding Web Start components after the initial install
            Bookmarking sessions with Web Start
            Using Web Start with HTTPS
            Removing the Web Start client
          Deploying customer-supplied Java archives and classes
            Using the AdditionalArchives HTML parameter
            Deploying from the Publish directory
            Hints and tips for archive files
        Using Database On-Demand clients
          Database functions in Display Emulation clients and in macros
          Starting a Database On-Demand client
          Database On-Demand predefined clients
          Configuring Database On-Demand for users
          Obtaining and installing a JDBC driver
          File formats for database access
          Using multiple code pages with Database On-Demand
            Supported Database On-Demand code pages
        Creating and deploying server macro libraries
          Deploying a server macro library to a Web server
            Deploying a server macro library to a shared drive
        Modifying session properties dynamically
          Setting up the initial HTML file
          Setting the Code base
          Add the ConfigBase Parameter
          Overriding HTML parameters
          Specific session properties that can be overridden
          Example #1: Overriding the LU name based on the client's IP address
          Example #2: Allowing the user to specify the host to connect to using an HTML form
        Configuring Z and I Emulator for Web on zSeries
          Setting up separate read/write private and publish directories
            Set up a separate File System for the Z and I Emulator for Web private directory
            Set up a separate user publish directory
          Installing the Development Wizard from the z/OS server
        Configuring Z and I Emulator for Web on IBM System i
          Configuring, starting, and stopping the Z and I Emulator for Web Service Manager on IBM System i
            Configure
            Start
            Stop
            Work with ZIE Server status
            Start Information Bundler
            Create ZIEWeb Printer Definition Table
          Using the Deployment Wizard with IBM System i
          Configuring IBM System i servers for secure connection
            Installing and configuring Z and I Emulator for Web with TLS on i/OS and OS/400
            Configuring a Telnet server for secure connection
            Configuring the Z and I Emulator for Web CustomizedCAs keyring
            Client authentication
            Configuring the Z and I Emulator for Web OS/400 proxy for secure connections
              Set up TLS user authorizations
            Secure Web serving
          Unicode Support for i/OS and OS/400
            General information
            Host programming information
          Eclipse-Plugin support
            Creating Z and I Emulator for Web plug-ins
            Setting Session Properties Dynamically
            Using a separate user publishing directory
            View IDs used in Z and I Emulator for Web plugin
            Limitations on using Z and I Emulator for Web in a Eclipse-Plugin environment
          Configuring Z and I Emulator for Web Server to use LDAP
            Setting up LDAP support
            Installing the schema extensions
            Configuring the Z and I Emulator for Web server to use LDAP as a data store
      Notices
      Trademarks
    Web Express Logon Reference
      About this book
        About this book
          Conventions used in this book
      Overview of Web Express Logon
        Introduction
          What is the difference between Web Express Logon, Certificate Express Logon and Reuse Active Credentials?
            Using client certificates with Web Express Logon
          Can I migrate from Certificate Express Logon to Certificate-based Web Express Logon?
          How does Web Express Logon work?
            Macro-based automation
              Supported environments
                z/OS and DCAS host authentication
                z/OS with vault-style credential mapping
                Authentication via Portal Server's Credential Vault Service
            Connection-based automation
              Supported environments
                IBM i5/OS or OS/400 host with Kerberos passticket authentication
                FTP login
      Planning
        Planning for implementation
          Step 1: Choose your style of logon automation.
          Step 2: Identify areas of credential challenges.
          Step 3: Take an inventory of your environment.
            Macro-based automation
            Connection-based automation
          Step 4: Develop your deployment strategy.
          Step 5: Establish an HCM database.
      Implementing macro-based automation
        Configuring macro-based automation in a z/OS and DCAS environment
          Step 1: Configure the Credential Mapper Servlet (CMS).
            A. Locate the WAR files on the Z and I Emulator for Web DVD
            B. Become familiar with the INIT parameters in the web.xml file.
            C. Edit the CMS-related parameters.
            D. Add optional CMS-related debugging parameters.
            E. Add the required DCAS client parameters for the CMPIDCASPlugin.
            F. Add the optional DCAS client parameters (if desired).
          Step 2: Save the WAR file and deploy the CMS.
          Step 3: Create the SSL key database.
          Step 4: Add the Web server's certificate to the Java keyring (Java 2 clients only).
          Step 5: Begin creating your HTML file.
          Step 6: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 7: Record the Web Express Logon macro.
          Step 8: Finish creating your HTML file.
        Configuring macro-based automation in a vault-style environment
          Step 1: Configure the Credential Mapper Servlet (CMS).
            A. Locate the WAR files on the Z and I Emulator for Web DVD
            B. Become familiar with the INIT parameters in the web.xml file.
            C. Edit the CMS-related parameters.
            D. Add optional CMS-related debugging parameters.
            E. Add the required Vault parameters for the CMPIVaultPlugin.
            F. Add the optional Vault parameters (if desired).
          Step 2: Save the WAR file and deploy the CMS.
          Step 3: Begin creating your HTML file.
          Step 4: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 5: Record the Web Express Logon macro.
          Step 6: Finish creating your HTML file.
        Configuring macro-based automation in a Portal Server environment
          Step 1: Begin creating your Z and I Emulator for Web portlet.
          Step 2: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 3: Record the Web Express Logon macro.
          Step 4: Finish creating your Z and I Emulator for Web portlet.
          Step 5: Using a custom portlet to manage user credentials
      Implementing connection-based automation
        Configuring connection-based automation in an i5/OS or OS/400 and Kerberos environment
          Step 1: Use the Deployment Wizard to create your HTML file.
          Step 2: Configure your Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
        Configuring connection-based automation in an FTP environment
          Step 1: Configure the Credential Mapper Servlet (CMS).
            A. Locate the WAR files on the Z and I Emulator for Web DVD
            B. Become familiar with the INIT parameters in the web.xml file.
            C. Edit the CMS-related parameters.
            D. Add optional CMS-related debugging parameters.
            E. Add the required Vault parameters for the CMPIVaultPlugin.
            F. Add the optional Vault parameters (if desired).
          Step 2: Save the WAR file and deploy the CMS.
          Step 3: Begin creating your HTML file.
          Step 4: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 5: Finish creating your HTML file.
      API programming guide
        Customizing Web Express Logon
          Approach 1: Replace the entire CMS with your own custom version of the servlet
            HTTP request parameters
            XML data response object
          Approach 2: Customize the existing CMS provided with Z and I Emulator for Web
            com.ibm.eNetwork.security.SSO.CMS.CMInterface
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMRequest
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMResponse
          Writing your own plug-ins
      Troubleshooting error messages
        Troubleshooting Web Express Logon
          Web Express Logon client-side messages
          Web Express Logon server-side messages
          DCAS error messages
      Recording the Web Express Logon macro
      Web Express Logon using the Configuration server-based model
      Password encryption tool
        Windows platforms
        Unix platforms
      Sample HCM plug-in
        Write the HCM plug-in.
        Update the web.xml file.
      Glossary of terms
        authentication type
        client certificate
        connection-based automation
        credential challenges
        Credential Mapper Servlet (CMS)
        Digital Certificate Access Server (DCAS)
        Enterprise Identity Mapping (EIM)
        full class path name
        Host Credential Mapper (HCM)
        host ID
        host mask
        Kerberos
        macro-based automation
        network ID
        Network Security plug-in
        Portal Server Credential Vault
        Resource Access Control Facility (RACF)
      Sources for more information
      Notices
      Trademarks
    Macro Programming Guide
      About this book
        About the other Z and I Emulator for Web documentation
        Conventions used in this book
      Macro basics
        Introduction
          Z and I Emulator for Web macros
            Definition of a macro
            Advantages of macros
            Unsophisticated users
            Sophisticated users
            Programming features
            Samples
          Deploying macros
          Using macros to integrate your enterprise applications
          ZIE Host Access Toolkit
          Macros and security
          This book focuses on 3270 applications
        Macro components
          Overview
          Macro Manager
            Macro Manager toolbar
            Macro Editor
            Code Editor
          Macro runtime
          Macro object
          Definitions of other terms
        Recording and playing back a simple macro
          Recording a simple macro
          Playing back a simple macro
          Assigning the macro to a key combination
        Macro structure
          Macro script
            XML elements
            Conceptual view of a macro script
            Introduction to the Macro tab
          The macro screen and its subcomponents
            Application screen
            Macro screen
            Conceptual view of a macro screen
            Introduction to the Screens tab
      Developing macros
        Data types, operators, and expressions
          Choosing a macro format
            The basic macro format versus the advanced macro format
            Representation of strings and special characters, treatment of operator characters
              In the basic macro format, rules for representation of strings, etc.
              In the advanced macro format, rules for representation of strings, etc.
            Converting your macro to a different format
              Converting your macro to the advanced macro format
              Converting your macro to the basic macro format
          Standard data types
            Boolean data
              Boolean values are not strings
            Integers
              Integer constants
            Doubles
            Strings
          Fields
          The value null
          Arithmetic operators and expressions
            Operators and expressions
            Where arithmetic expressions can be used
          String concatenation operator (+)
            Operators and expressions
          Conditional and logical operators and expressions
            Conditional expression can include complex terms
            Where conditional expressions can be used
          Automatic data type conversion
            Effect of context
            Conversion to boolean
            Conversion to integer
            Conversion to double
            Conversion to string
            Conversion errors
          Equivalents
          Significance of a negative value for a row or column
        How the macro runtime processes a macro screen
          Overview
            Scenario used as an example
            Stages in processing a macro screen
            Closer look at stage 1
            Overview of the entire process (all 3 stages)
            Conclusion of the overview
          Stage 1: Determining the next macro screen to be processed
            Adding macro screen names to the list of valid next screens (step 1(a))
              Valid next screens
              How the macro runtime selects the names of candidate macro screens
                First macro screen
                Subsequent macro screens
                Transient screens
            Screen recognition (step 1(b))
              Overview of evaluation
              Re-doing the evaluation
              Determining whether a macro screen matches the application screen
              Two recognition features
                Timeout setting for screen recognition
                Recognition limit
            Removing the names of candidate macro screens from the list of valid next screens (step 1(c))
          Stage 2: Making the successful candidate the new current macro screen
          Stage 3: Performing the actions in the new current macro screen
            Inserting a delay after an action
          Repeating the processing cycle
          Terminating the macro
        Screen description and recognition
          Terms defined
          Introduction to the Description tab
            Sample Description tab
              Creating a new descriptor
          Recorded descriptions
            What information is recorded
            Why the recorded descriptions work
            Recorded descriptors provide a framework
          Evaluation of descriptors
            Practical information
            Overview of the process
            Evaluation of individual descriptors
            Default combining method
              When to use the default combining method
              Inverse Descriptor
              Optional
              Default combining rule
            The uselogic attribute
          The descriptors
            Overview
            Field Counts and OIA descriptor
              Required
              Presents three separate and independent descriptors as if one
              Treatment during screen recognition
              Wait for OIA to Become Uninhibited descriptor (<oia> element)
                Specifying a session
              Number of Fields descriptor (<numfields> element)
                Specifying a session
              Number of Input Fields descriptor (<numinputfields> element)
                Specifying a session
              Counting fields in the session window during macro development
            String descriptor (<string> element)
              Specifying the rectangular area
              How the macro runtime searches the rectangular area (Wrap option)
                Using an extracted string in a String descriptor
              The '*' string in a new String descriptor
              Easy method for filling in the parameters
              Multiple String descriptors in the same <description> element
              Specifying a session
            Cursor descriptor (<cursor> element)
              Specifying a session
            Attribute descriptor (<attrib> element)
              Specifying an attribute
              Specifying a session
            Condition descriptor (<condition>) element
            Custom descriptor (<customreco> element)
          Variable update action (<varupdate> element)
            Processing a Variable update action in a description
            Variable update with the uselogic attribute
        Macro actions
          In general
            The actions by function
            How actions are performed
              The runtime context
              The macro screen context
            Specifying parameters for actions
          Introduction to the Actions tab
            Sample Actions tab
            Creating a new action
          The actions
            Box selection action (<boxselection> element)
              Specifying row and column values
              Erasing the marking rectangle
              Specifying a session
              Example
            Comm wait action (<commwait> element)
              How the action works
              Specify a communication status that is persistent
              Communication states
              Specifying a session
              Examples
            Conditional action (<if> element and <else> element)
              Specifying the condition
              Condition is True (<if> element)
              Condition is false (<else> element)
              Condition action not allowed within a Condition action
              Example
            Extract action (<extract> element)
              Capturing text
                Set the Continuous Extract option
                Specify the area of the session window
                Specify an extraction name
                Specify TEXT_PLANE as the data plane
                Specify the variable in which you want the text to be stored
              Treatment of nulls and other undisplayable characters
              Capturing a rectangular area of the session window
              Capturing a sequence of text from the session window
              Unwrap Text option
                When Unwrap Text is true and Continuous Extract is false
                When Unwrap Text is true and Continuous Extract is true
              Using the Toolkit to capture data from any data plane
              Specifying a session
            FileUpload action (<fileupload> element)
              Connecting with the database server
                Database URL
                Driver Identifier and Driver Class
                User ID and Password
              Specifying information for the file upload
                File Name and File Type
                Table Name
                Create
                Replace
                Append
                Update
              Preloading the database components for the Z and I Emulator for Web client
            Input action (<input> element)
              Location at which typing begins
              Input errors
              Input string
              Translate Host Action Keys
              Move Cursor to End of Input
              Password
                Automatic encryption during macro recording
                Using the Password checkbox
                Using the Code Editor
                Encrypting a variable name
              Specifying a session
              Example
            Message action (<message> element)
              Displaying the message caption and message text
            Mouse click action (<mouseclick> element)
              Specifying row and column
              Specifying a session
              Copy and paste example
            Pause action (<pause> element)
            Perform action (<perform> element)
              Invoking the method
              Examples
            PlayMacro action (<playmacro> element)
              Adding a PlayMacro action
              Target macro file name and starting screen
              Transferring variables
                Requirements for transferring variables
                Restriction
                Additional information
                When the target macro needs to import a type
              Examples
            Print actions (<print> element)
              Print Start
                Printer Setup and Page Setup
                Assign Return Code to a Variable
              Print Extract
                Specifying the area to be printed
                Assign Return Code to a Variable
                Specifying a session
              Print End
                Assign Return Code to a Variable
            Prompt action (<prompt> element)
              Displaying the prompt window
                Parts of the prompt window
                Default Response
                Password Response
                Require Response
              Processing the contents of the input field
                Response Length
                Action keys and Translate Host Action Keys
              Handling the input sequence in the session window
              Assigning the input sequence to a variable
              The promptall attributes
              Specifying a session
            Run program action (<runprogram> element)
              Launching the native application
              Waiting for the native application to terminate
              Capturing the return code
              Example of launching a native application
            SQLQuery action (<sqlquery> element)
              Two sections: statement and results
              Using the SQL Wizard
              Importing an SQL statement
              Using the fields in the statement section
                Database URL
                Driver Identifier and Driver Class
                User ID and Password
                Statement
              Using the result section
                Storing the data into a global variable ($HMLSQLUtil$)
                Writing the data into a file
                Displaying the data
              Preloading the database components for the Z and I Emulator for Web client
            Trace action (<trace> element)
              Example
              User trace event
            Variable update action (<varupdate> element)
              Variable update action with a field variable
                Reading part of a field
            Xfer action (<filexfer> element)
              Basic parameters
              Advanced parameters
              Parameters for BIDI sessions (Arabic or Hebrew)
              Specifying a session
              Examples
        Screen Recognition, Part 2
          Valid next screens
          Entry screens, exit screens, and transient screens
            Entry screens
              Macro with several entry screens
              Entry screen can also be a normal screen
            Exit screens
            Transient screens
              Example of handling of transient screen
          Timeout settings for screen recognition
            Screen recognition
            Timeout Between Screens (Macro tab)
            Timeout (Links tab)
          Recognition limit (General tab of the Screens tab)
            Determining when the recognition limit is reached
            Action when the Recognition limit is reached
        Actions, Part 2: Timing issues
          Pause after an action
            Speed of processing actions
            Pause Between Actions (Macro tab)
            Set Pause Time (General tab of the Screens tab)
            Adding a pause after a particular action
          Screen completion
            Recognizing the next macro screen too soon
            The ordinary TN3270 protocol
            Solutions
              Add more descriptors
              Insert a delay after the input action
              Use the contention-resolution feature of TN3270E
            Attributes that deal with screen completion
              ignorepauseforenhancedtn=true/false
              ignorepauseoverride=true/false
              delayifnotenhancedtn=(milliseconds)
        Variables and imported Java classes
          Introduction to variables and imported types
            Advanced macro format required
            Scope of variables
            Introduction to the Variables tab
              Creating a new variable
              Creating an imported type for a Java class
          Issues you should be aware of
            Deploying Java libraries or classes
            Variable names and type names
            Transferring variables from one macro to another
            Field variables
          Using variables
            When variables are initialized
            Using variables belonging to a standard type
              Using the value that the variable holds
              Writing a value into a variable belonging to a standard type
                Restrictions
                Writing a Java object into a variable of standard type
            Using variables belonging to an imported type
              Using the value that the variable holds
              Restrictions
              Writing into the variable belonging to an imported type
            Comparing variables of the same imported type
          Passing a parameter list to a macro
            How the Z and I Emulator for Web processes a parameter list
            Specifying the parameter list
              Where to specify a parameter list
              Format of a parameter list
              Checking the parameter list for errors
              Specifying the parameter list from a program
            Considerations for the macro writer
            A parameter list does not initialize variables in a chained-to macro
          Calling Java methods
            Where method calls can be used
            Syntax of a method call
            How the macro runtime searches for a called method
          The Macro Utility Libraries (HML libraries)
            Invoking an method belonging to an HML library
            Variables names beginning with HML are reserved
            $HMLFormatUtil$
              Converting numbers to and from the format of the current locale
              Method details
                numberToString()
                stringToNumber()
            $HMLPSUtil$
              Presentation space
              Method details
                convertPosToCol()
                convertPosToRow()
                enableRoundTrip()
                getCursorCol()
                getCursorPos()
                getCursorRow()
                getSize()
                getSizeCols()
                getSizeRows()
                getString()
                searchString()
            $HMLSessionUtil$
              Method details
                getHost()
                getLabel()
                getName()
            $HMLSQLUtil$
              Format of the stored data
              Method details
                getColumnSize()
                getDataByIndex()
                getDataByName()
                getRowSize()
            $HMLSystemUtil$
              Method details
                getHTMLParameter()
                getenv()
                  Limitations
                getSystemProperty()
                General Limitations
            FormatNumberToString() and FormatStringToNumber()
        Other security options
          Record password
            When Record Password is enabled
            When Record Password is disabled
        Other advanced features
          Interacting with more than one session
            Basics
            Implementation
            Two techniques for building macro screens
            Runtime processing
              Descriptors
                All descriptors apply to the same active session
                Some descriptors apply to a different active session
              Actions
            Run-time requirements
            Specifying a Host ID
              Using automatic editing features with other sessions
            Recording a macro that interacts with more than one session
              Storing the macro script
              One recorded macro screen refers to one session window
              Starting, stopping, and switching sessions
              The currently selected session
              Other active sessions
              More than one active recording
            Referring to different sessions in the same macro screen
            Disabling macro recording
        The graphical user interface
          Updating fields in the Macro Editor
            Using the session window
            Using the marking rectangle
            Using the session window's text cursor
            Error in specifying a string
          Using the Code Editor
            Copy and paste a script from this guide into the Code Editor
      The macro language
        Features of the macro language
          Use of XML
            XML syntax in the Z and I Emulator for Web macro language
            Code Editor
          Hierarchy of the elements
          Inserting comments into a macro script
            Format of comments
            Comment errors
            Examples of comments
          Debugging macro scripts with the <trace> element
          Using the ZIE Host Access Toolkit product with macros
        Macro language elements
          Specifying the attributes
            XML requirements
            Advanced format in attribute values
            Typed data
          <actions> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <attrib> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <boxselection> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <comment> element
            General
              A better method for inserting comments
            Attributes
            XML samples
          <commwait> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <condition> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <create> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <cursor> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <custom> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <customreco> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <description> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <else> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <extract> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <fileupload> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <filexfer> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <HAScript> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <if> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <import> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <input> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <message> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <mouseclick> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <nextscreen> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <nextscreens> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <numfields> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <numinputfields> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <oia> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <pause> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <perform> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <playmacro> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <print> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <prompt> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <recolimit> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <runprogram> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <screen> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <sqlquery> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <string> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <trace> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <type> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <vars> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <varupdate> element
            General
            Attributes
            XML samples
        Sample macro code
          Copy CICS transaction records into Excel spreadsheet or DB2 database
            Introduction
            Steps for running Excel sample (Windows only)
            Steps for running DB2 sample
      Additional information
        The default combining rule for multiple descriptors in one macro screen
          Statement of the rule
        Mnemonic keywords for the Input action
      Notices
      Trademarks
    Host Access Toolkit
      About this book
      Introducing the ZIE Host Access Toolkit
        Components of the ZIE Host Access Toolkit
        What's new in Z and I Emulator for Web Version 2.0
          New functions in Z and I Emulator for Web Version 2.0
        Where to go for more information
          Web sites
      Planning for the ZIE Host Access Toolkit
        Supported operating systems
        Disk space requirement
        Supported browsers
        Java Support
      Installing the ZIE Host Access Toolkit
      Introducing the ZIE Host Access Toolkit Application Programming Interfaces
        Introducing the Host Access Class Library
        Introducing the Host Access Beans
          Descriptions
          Events
          Accessibility Features
        Introducing Z and I Emulator for Web J2EE Connector
      Installing the iSeries Toolbox for Java
      Notices
        Trademarks
    Host Printing Reference
      About this book
      Conventions used in this book
      Introduction to Host Printing (3270)
      Creating a Printer Definition Table (3270)
      Understanding the Format of Printer Definition Files (3270)
      Introduction to Host Printing (5250)
      Introduction to Host Printing (VT)
      Printer Data Stream Information (3270)
      National Language Support
      Advanced Configuration Options (3270)
      Troubleshooting
      Associated Printer Sessions (3270)
      Printer Definition File Example (3270)
    Tutorials
      Customizing HTML templates
      Configuring the SSH client
      ZIE for Web on iSeries
    Troubleshooting and support
      Troubleshooting overview
      Troubleshooting checklist
      Troubleshooting tips for users
      Searching knowledge bases
        Web search
      Getting fixes
      Preparing to call HCL support
      Contacting support
    Online Help
      For Administrators
        Overview
          Planning for deployment
          Configuring ZIE for Web sessions
        Deployment Wizard
          Deployment Wizard welcome
          Configuration model
          Browser Independent ZIEWeb Clients
            ZIEWeb Lite Client
            HCL ZIEWeb Desktop Client
          Additional Options
          Client Settings
          Web Start Settings
          Preload Options
          Advanced Options
            HTML parameters
            Code base
            HTML templates
          File Name and Output Format
        HTML model
          Understanding the HTML model
          Benefits of the HTML-based model
          Configuring and managing sessions using the Deployment Wizard
            Configuring host sessions
            Disable Functions
            Sharing and reusing macros, keyboard and toolbar definitions (administrators)
        Configuration server model
          Understanding the configuration server model
          Configuration server-based model
          Managing users and groups
            Adding a group
            Enabling users to create accounts
            Adding a user
            Deleting a user or group
            Using the Directory Utility
          Configuring and managing sessions using the Administration Utility
            Configuring host sessions
            Disable Functions
            Sharing and reusing macros, keyboard and toolbar definitions
          LDAP
            Understanding directories
            Setting up and using LDAP
            Specifying the LDAP directory information
            Migrating to an LDAP directory
            Implications of migrating to LDAP
          Combined model
            Understanding the combined model
            Combined model
          Printing
            Printing from a host to a workstation (3270)
            Printing from a host to a workstation (5250)
            Compiling a printer definition table
            Printer Setup
          Transferring files
            Using FTP
            Using sftp (SSH File Transfer Protocol)
            Using host file transfer
          Java 1 and Java 2
            Planning for Java on the client
            Java 1
            Java 2
          Security and certificate management
            Server authentication
            Obtaining a server certificate
            Making server certificates available to clients
            Configuring clients to use SSH
            Configuring clients to use SSL
          Working with macros
            Using the Macro Editor
            Using the Macro Manager
            Creating and deploying server macro libraries for users
            Editing macro screen definitions
          Service manager
            Configuring the service manager
            Using the Redirector
              Introducing the Redirector
              Defining a host in the Redirector
              Changing a host defined to the Redirector
              Deleting a host from the Redirector
      For Users
        Using sessions
          Starting a session
          Adding a session
          Copying a session
          Deleting a session
          Bookmarking a session
          Jumping between sessions
          Cut, Copy, Paste, and Entry Assist in a session
          Using Start PC Command (STRPCCMD) in a 5250 host session
        Configuring user sessions
          Sharing and reusing macros, keyboard and toolbar definitions
          Remapping the keyboard
          Specifying a key as repeating or non-repeating
          Changing host session colors
          Customize Toolbar
          Configuring clients to use SSH
          Configuring clients to use SSL
          Configuring to connect to the Redirector
          History file setup
          Configuring the Popup Keypad
          Configuring the Mouse Wheel
        Java 1 and Java 2
          Using Java 1
          Using Java 2
        Printing
          Printing a screen
          Changing margins, page orientation, and paper source
          Adding headers and footers
          Print Screen
          Print Screen Collection
          Printing from a 3270 host session
          Printing from a 5250 host session
          ZipPrint
        Transferring files
          Using FTP
          Using sftp (SSH File Transfer Protocol)
          Using host file transfer
          Changing transfer options
        Security and certificate management
          Client authentication
          Obtaining client certificates
          Changing a certificate password
          Viewing security information for an SSH session
          Viewing server certificate information
          Viewing or saving certificate information
        Managing macros
          Managing a macro
          Recording a macro
          Saving a macro to a personal macro library
          Playing a macro
          Changing a macro
          Editing a macro
          Deleting a macro
        National language support
          General national language support
            Adobe PDF file created by a 3270 printer session
            Definitions of some national language support terms
            Displaying national language characters correctly
            DBCS languages
            European languages
            Greek
            Turkish
            Unicode support for OS/400
            User-defined characters (UDCs)
          Bidirectional language support
          Hindi language support
          Thai language support
      Miscellaneous
        HTML Parameters
        Cut/Copy only if a trim-rectangle is marked
        Adding toolbar buttons
        Adding a prompt
        Creating your own user account
        Database On-Demand Group/User Statements
        Basic Configuration Steps
        Custom Function Editor
        Database On-Demand Group/User Options
        Change a user's or a group's account
        Change the administrator user ID and password
        Service Manager's configuration port
        CICS
        Bidirectional support of Codepage Converter
        Understanding session colors
        Configuring the configuration servlet
        Configure a host session for a user or group
        Configuring TLS
        Copy a user or group
        Using custom colors with Java 2 browsers
        Cut/Copy tab
        Registering a JDBC driver
        File formats for database access
        Getting started with Database On-Demand
        Overview of database access
        Transfer mode
        Logon Type
        Using DWunzip
        Storing default session configurations and user preferences
        ENPTUI
        Entry Assist tab
        Express Logon
        Export Session
        Running external commands after host print jobs
        Connection
        Internationalization
        Overview of FTP and sftp clients
        FTP Runtime Preferences
        Start Options
        Transfer Type
        General
        Logon
        TLS/SSL
        Proxy Server
        Advanced Options (Page Setup)
        Import Session
        Capturing screen data (the extract action)
        Using the Java plug-in
        Checking and setting the JVM level for clients running Internet Explorer
        Specifying keystroke buffering
        Default Characters and Functions
        Using the keyboard to draw and move the trim box
        Set the number of incorrect password attempts allowed
        License usage overview
        Specifying a parameter list for a macro
        Locations where you can specify a parameter list for a macro
        Mac OS X host print support
        server macro libraries
        Editing macro links
        Using the Macro Manager
        Editing macro properties
        Viewing macro properties
        Using the host session default colors
        Macro Manager exercise
        MVS/TSO
        Native Authentication
        General information about the DBCS languages
        Japanese
        Korean
        Chinese (Simplified)
        Chinese (Traditional)
        Chinese (Simplified) and Chinese (Traditional)
        Using the user-defined character (UDC) mapping editor
        NLS Support terms
        Turkish
        Opening Keyboard, Popup Keypad and Toolbar configuration components
        i5/OS and OS/400
        i5/OS and OS/400 proxy server
        Paste tab
        Page Setup (3270 Printer session, 3270 Display session)
        disable functions
        Preferences
        Adding a prompt
        Proxy Server
        Using Print Screen Collection to capture part of a screen
        Process Print Screen Collection
        Functions for printing in display emulation sessions
        Configuring a browser to display a local file
        Adding a host to the Redirector
        Changing a host defined to the Redirector
        Setting up Redirector with TLS or SSL
        Saving Keyboard, Popup Keypad, and Toolbar configuration components
        Actions
        Description
        General
        Variables
        TLS/SSL
        Security limitations
        Configuring a session for easy launch
        Adding a smart wait
        Export public key
        Well-known Certificate Authority (CA)
        Using a server certificate from an unknown CA
        Security information for sessions
        Express Logon
        Status and error information
        Telnet-negotiated security overview
        Trim tab
        Undo operations
        Self-signed certificate
        VM/CMS
        ANSI color attributes for VT Display sessions
        Understanding VT bidirectional language support (Arabic and Hebrew)
        Customize Profiles
        New Profile Name
        Select Application for ZipPrint
  HCL Z and I Emulator for Web (ENGLISH)
  Release Notes
    README
      Version 1.0
    More information
      System Requirements
      Known Issues
  Product Documentation
    Licensing
      Configuring ZIEWeb with Flexera for Licensing
      HCL ZIE License Manager
        Introduction to ZIE License Manager
        Installation and configuration
        Using the HCL ZIE License Manager
        Flexera Licensing integration
        Limitations of HCL ZIE License Manager
    Install Guide
      About this book
        About the other Z and I Emulator for Web documentation
        Conventions used in this book
        Terminology
          Terms relating to Java
      Planning for Z and I Emulator for Web
        Introducing HCL Z and I Emulator for Web
          What is Z and I Emulator for Web?
          How does Z and I Emulator for Web work?
          Why use Z and I Emulator for Web?
            A cost-effective approach to connectivity
            Centralized management of configuration data
            Connect directly to any Telnet server
            Browser-based user interface
            Supports many different platforms and network environments
            Support for Java
            Support for Internet Protocol Version 6
            Supports many national languages
            Secure connections
            Custom HTML files
            Toolkit for creating new e-business applications
            Support for WebSphere Portal
            Connections to DB2 databases on IBM System i servers
          What's new?
            Getting the latest information on Z and I Emulator for Web
        Planning for deployment
          Understanding the HTML-based model
          Understanding the configuration server-based model
          Understanding the combined model
          Client deployment considerations
        Planning for Java on the client
          Improvements to the client for Java
            Limits of support
          Downloading a client with Java
            Cannot download a component not in the preload list
            HTML files do not contain some components
          Mac OS X with Java
            Mac OS X limitations
            Slightly slower startup times with Java clients
            Limitations of specific Java plug-ins
            Limitations with customer-supplied applets and Java
            Limitations with restricted users and Java
          Browsers and Java plug-ins
            Java-enabled browsers
            Microsoft Internet Explorer with a Java plug-in
            Firefox with a Java plug-in
        Planning for security
          Transport Layer Security (TLS)
            How TLS security works
              Certificates
            TLS for Z and I Emulator for Web
              Session security
              Basic TLS enablement for Z and I Emulator for Web clients
              Examples of when to use session security
            Web server security
            Configuration security
          The Redirector
            Why use the Redirector?
            How the Redirector works
            Redirector load capacity
            Operating systems supported by the Redirector
              Operating systems that support IPv4
              Redirector support for IPv6
          Using Z and I Emulator for Web with a firewall
            Configuring firewall ports
            Connecting to a host system through a proxy server
              Connecting through a Socks proxy server
              Connecting through an HTTP proxy server
          User ID security
            Web Express Logon
            Native Authentication
            Windows Domain logon
          FIPS environments
        Planning for national language support
          Supported languages
          Supported host code pages
            3270 and 5250 code pages
            VT code pages
            CICS Gateway code pages
          Japanese JIS2004 Unicode support
          User-defined character mapping
          Unicode Support for i/OS and OS/400
      Installing, upgrading, and uninstalling Z and I Emulator for Web
        Installing the Z and I Emulator for Web server and related software
          Installing Z and I Emulator for Web using Installation Manager
            Important links
          Before the ZIEWeb Installation
            Preparing to Install
          Installing Z and I Emulator for Web
            Using the Installation Manager GUI to install
          Deployment Wizard
            Installing the Deployment Wizard
            Downloading the Deployment Wizard installation image from a Z and I Emulator for Web server
          ZIE Host Access Toolkit
            Installing the ZIE Host Access Toolkit
          Installing in the Console Mode
            About installing in the Console Mode
            Before installing ZIEWeb on IBM iSeries
            Installation procedure
            Installing Deployment wizard in Console mode
            Installing ZIE Host Access Toolkit in console mode
          Installing in Silent Mode
            Installation procedure
          Installing the configuration servlet
            Deploying the servlet on WebSphere Application Server
        Uninstalling the Z and I Emulator for Web server
          Uninstalling Z and I Emulator for Web using Installation Manager Console mode
      Configuring Z and I Emulator for Web
        Configuring Z and I Emulator for Web emulator clients
          Creating Z and I Emulator for Web HTML files
          Configuring Z and I Emulator for Web sessions
          Using the Deployment Wizard
            Distributing the Deployment Wizard output to your Z and I Emulator for Web server
        Using Z and I Emulator for Web administration and new user clients
          Loading administration and new user clients
          Administration clients
            Directory Utility
          New user clients
        Using Z and I Emulator for Web emulator clients
          Loading emulator clients
          Selecting the appropriate client
          Web Start client
            Installing the Web Start client
              Installing the Web Start client from the Z and I Emulator for Web server
                Using a Web browser
                Without using a Web browser
              Installing the Web Start client from a LAN or DVD
            Configuring your Web server for Web Start
              Apache HTTP Server or IBM HTTP Server
              Microsoft IIS 7.0
            Upgrading the Web Start client
            Adding Web Start components after the initial install
            Bookmarking sessions with Web Start
            Using Web Start with HTTPS
            Removing the Web Start client
          Deploying customer-supplied Java archives and classes
            Using the AdditionalArchives HTML parameter
            Deploying from the Publish directory
            Hints and tips for archive files
        Using Database On-Demand clients
          Database functions in Display Emulation clients and in macros
          Starting a Database On-Demand client
          Database On-Demand predefined clients
          Configuring Database On-Demand for users
          Obtaining and installing a JDBC driver
          File formats for database access
          Using multiple code pages with Database On-Demand
            Supported Database On-Demand code pages
        Creating and deploying server macro libraries
          Deploying a server macro library to a Web server
            Deploying a server macro library to a shared drive
        Modifying session properties dynamically
          Setting up the initial HTML file
          Setting the Code base
          Add the ConfigBase Parameter
          Overriding HTML parameters
          Specific session properties that can be overridden
          Example #1: Overriding the LU name based on the client's IP address
          Example #2: Allowing the user to specify the host to connect to using an HTML form
        Configuring Z and I Emulator for Web on zSeries
          Setting up separate read/write private and publish directories
            Set up a separate File System for the Z and I Emulator for Web private directory
            Set up a separate user publish directory
          Installing the Development Wizard from the z/OS server
        Configuring Z and I Emulator for Web on IBM System i
          Configuring, starting, and stopping the Z and I Emulator for Web Service Manager on IBM System i
            Configure
            Start
            Stop
            Work with ZIE Server status
            Start Information Bundler
            Create ZIEWeb Printer Definition Table
          Using the Deployment Wizard with IBM System i
          Configuring IBM System i servers for secure connection
            Installing and configuring Z and I Emulator for Web with TLS on i/OS and OS/400
            Configuring a Telnet server for secure connection
            Configuring the Z and I Emulator for Web CustomizedCAs keyring
            Client authentication
            Configuring the Z and I Emulator for Web OS/400 proxy for secure connections
              Set up TLS user authorizations
            Secure Web serving
          Unicode Support for i/OS and OS/400
            General information
            Host programming information
          Eclipse-Plugin support
            Creating Z and I Emulator for Web plug-ins
            Setting Session Properties Dynamically
            Using a separate user publishing directory
            View IDs used in Z and I Emulator for Web plugin
            Limitations on using Z and I Emulator for Web in a Eclipse-Plugin environment
          Configuring Z and I Emulator for Web Server to use LDAP
            Setting up LDAP support
            Installing the schema extensions
            Configuring the Z and I Emulator for Web server to use LDAP as a data store
      Notices
      Trademarks
    Web Express Logon Reference
      About this book
        About this book
          Conventions used in this book
      Overview of Web Express Logon
        Introduction
          What is the difference between Web Express Logon, Certificate Express Logon and Reuse Active Credentials?
            Using client certificates with Web Express Logon
          Can I migrate from Certificate Express Logon to Certificate-based Web Express Logon?
          How does Web Express Logon work?
            Macro-based automation
              Supported environments
                z/OS and DCAS host authentication
                z/OS with vault-style credential mapping
                Authentication via Portal Server's Credential Vault Service
            Connection-based automation
              Supported environments
                IBM i5/OS or OS/400 host with Kerberos passticket authentication
                FTP login
      Planning
        Planning for implementation
          Step 1: Choose your style of logon automation.
          Step 2: Identify areas of credential challenges.
          Step 3: Take an inventory of your environment.
            Macro-based automation
            Connection-based automation
          Step 4: Develop your deployment strategy.
          Step 5: Establish an HCM database.
      Implementing macro-based automation
        Configuring macro-based automation in a z/OS and DCAS environment
          Step 1: Configure the Credential Mapper Servlet (CMS).
            A. Locate the WAR files on the Z and I Emulator for Web DVD
            B. Become familiar with the INIT parameters in the web.xml file.
            C. Edit the CMS-related parameters.
            D. Add optional CMS-related debugging parameters.
            E. Add the required DCAS client parameters for the CMPIDCASPlugin.
            F. Add the optional DCAS client parameters (if desired).
          Step 2: Save the WAR file and deploy the CMS.
          Step 3: Create the SSL key database.
          Step 4: Add the Web server's certificate to the Java keyring (Java 2 clients only).
          Step 5: Begin creating your HTML file.
          Step 6: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 7: Record the Web Express Logon macro.
          Step 8: Finish creating your HTML file.
        Configuring macro-based automation in a vault-style environment
          Step 1: Configure the Credential Mapper Servlet (CMS).
            A. Locate the WAR files on the Z and I Emulator for Web DVD
            B. Become familiar with the INIT parameters in the web.xml file.
            C. Edit the CMS-related parameters.
            D. Add optional CMS-related debugging parameters.
            E. Add the required Vault parameters for the CMPIVaultPlugin.
            F. Add the optional Vault parameters (if desired).
          Step 2: Save the WAR file and deploy the CMS.
          Step 3: Begin creating your HTML file.
          Step 4: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 5: Record the Web Express Logon macro.
          Step 6: Finish creating your HTML file.
        Configuring macro-based automation in a Portal Server environment
          Step 1: Begin creating your Z and I Emulator for Web portlet.
          Step 2: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 3: Record the Web Express Logon macro.
          Step 4: Finish creating your Z and I Emulator for Web portlet.
          Step 5: Using a custom portlet to manage user credentials
      Implementing connection-based automation
        Configuring connection-based automation in an i5/OS or OS/400 and Kerberos environment
          Step 1: Use the Deployment Wizard to create your HTML file.
          Step 2: Configure your Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
        Configuring connection-based automation in an FTP environment
          Step 1: Configure the Credential Mapper Servlet (CMS).
            A. Locate the WAR files on the Z and I Emulator for Web DVD
            B. Become familiar with the INIT parameters in the web.xml file.
            C. Edit the CMS-related parameters.
            D. Add optional CMS-related debugging parameters.
            E. Add the required Vault parameters for the CMPIVaultPlugin.
            F. Add the optional Vault parameters (if desired).
          Step 2: Save the WAR file and deploy the CMS.
          Step 3: Begin creating your HTML file.
          Step 4: Configure the Z and I Emulator for Web session to use Web Express Logon.
          Step 5: Finish creating your HTML file.
      API programming guide
        Customizing Web Express Logon
          Approach 1: Replace the entire CMS with your own custom version of the servlet
            HTTP request parameters
            XML data response object
          Approach 2: Customize the existing CMS provided with Z and I Emulator for Web
            com.ibm.eNetwork.security.SSO.CMS.CMInterface
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMRequest
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMResponse
          Writing your own plug-ins
      Troubleshooting error messages
        Troubleshooting Web Express Logon
          Web Express Logon client-side messages
          Web Express Logon server-side messages
          DCAS error messages
      Recording the Web Express Logon macro
      Web Express Logon using the Configuration server-based model
      Password encryption tool
        Windows platforms
        Unix platforms
      Sample HCM plug-in
        Write the HCM plug-in.
        Update the web.xml file.
      Glossary of terms
        authentication type
        client certificate
        connection-based automation
        credential challenges
        Credential Mapper Servlet (CMS)
        Digital Certificate Access Server (DCAS)
        Enterprise Identity Mapping (EIM)
        full class path name
        Host Credential Mapper (HCM)
        host ID
        host mask
        Kerberos
        macro-based automation
        network ID
        Network Security plug-in
        Portal Server Credential Vault
        Resource Access Control Facility (RACF)
      Sources for more information
      Notices
      Trademarks
    Macro Programming Guide
      About this book
        About the other Z and I Emulator for Web documentation
        Conventions used in this book
      Macro basics
        Introduction
          Z and I Emulator for Web macros
            Definition of a macro
            Advantages of macros
            Unsophisticated users
            Sophisticated users
            Programming features
            Samples
          Deploying macros
          Using macros to integrate your enterprise applications
          ZIE Host Access Toolkit
          Macros and security
          This book focuses on 3270 applications
        Macro components
          Overview
          Macro Manager
            Macro Manager toolbar
            Macro Editor
            Code Editor
          Macro runtime
          Macro object
          Definitions of other terms
        Recording and playing back a simple macro
          Recording a simple macro
          Playing back a simple macro
          Assigning the macro to a key combination
        Macro structure
          Macro script
            XML elements
            Conceptual view of a macro script
            Introduction to the Macro tab
          The macro screen and its subcomponents
            Application screen
            Macro screen
            Conceptual view of a macro screen
            Introduction to the Screens tab
      Developing macros
        Data types, operators, and expressions
          Choosing a macro format
            The basic macro format versus the advanced macro format
            Representation of strings and special characters, treatment of operator characters
              In the basic macro format, rules for representation of strings, etc.
              In the advanced macro format, rules for representation of strings, etc.
            Converting your macro to a different format
              Converting your macro to the advanced macro format
              Converting your macro to the basic macro format
          Standard data types
            Boolean data
              Boolean values are not strings
            Integers
              Integer constants
            Doubles
            Strings
          Fields
          The value null
          Arithmetic operators and expressions
            Operators and expressions
            Where arithmetic expressions can be used
          String concatenation operator (+)
            Operators and expressions
          Conditional and logical operators and expressions
            Conditional expression can include complex terms
            Where conditional expressions can be used
          Automatic data type conversion
            Effect of context
            Conversion to boolean
            Conversion to integer
            Conversion to double
            Conversion to string
            Conversion errors
          Equivalents
          Significance of a negative value for a row or column
        How the macro runtime processes a macro screen
          Overview
            Scenario used as an example
            Stages in processing a macro screen
            Closer look at stage 1
            Overview of the entire process (all 3 stages)
            Conclusion of the overview
          Stage 1: Determining the next macro screen to be processed
            Adding macro screen names to the list of valid next screens (step 1(a))
              Valid next screens
              How the macro runtime selects the names of candidate macro screens
                First macro screen
                Subsequent macro screens
                Transient screens
            Screen recognition (step 1(b))
              Overview of evaluation
              Re-doing the evaluation
              Determining whether a macro screen matches the application screen
              Two recognition features
                Timeout setting for screen recognition
                Recognition limit
            Removing the names of candidate macro screens from the list of valid next screens (step 1(c))
          Stage 2: Making the successful candidate the new current macro screen
          Stage 3: Performing the actions in the new current macro screen
            Inserting a delay after an action
          Repeating the processing cycle
          Terminating the macro
        Screen description and recognition
          Terms defined
          Introduction to the Description tab
            Sample Description tab
              Creating a new descriptor
          Recorded descriptions
            What information is recorded
            Why the recorded descriptions work
            Recorded descriptors provide a framework
          Evaluation of descriptors
            Practical information
            Overview of the process
            Evaluation of individual descriptors
            Default combining method
              When to use the default combining method
              Inverse Descriptor
              Optional
              Default combining rule
            The uselogic attribute
          The descriptors
            Overview
            Field Counts and OIA descriptor
              Required
              Presents three separate and independent descriptors as if one
              Treatment during screen recognition
              Wait for OIA to Become Uninhibited descriptor (<oia> element)
                Specifying a session
              Number of Fields descriptor (<numfields> element)
                Specifying a session
              Number of Input Fields descriptor (<numinputfields> element)
                Specifying a session
              Counting fields in the session window during macro development
            String descriptor (<string> element)
              Specifying the rectangular area
              How the macro runtime searches the rectangular area (Wrap option)
                Using an extracted string in a String descriptor
              The '*' string in a new String descriptor
              Easy method for filling in the parameters
              Multiple String descriptors in the same <description> element
              Specifying a session
            Cursor descriptor (<cursor> element)
              Specifying a session
            Attribute descriptor (<attrib> element)
              Specifying an attribute
              Specifying a session
            Condition descriptor (<condition>) element
            Custom descriptor (<customreco> element)
          Variable update action (<varupdate> element)
            Processing a Variable update action in a description
            Variable update with the uselogic attribute
        Macro actions
          In general
            The actions by function
            How actions are performed
              The runtime context
              The macro screen context
            Specifying parameters for actions
          Introduction to the Actions tab
            Sample Actions tab
            Creating a new action
          The actions
            Box selection action (<boxselection> element)
              Specifying row and column values
              Erasing the marking rectangle
              Specifying a session
              Example
            Comm wait action (<commwait> element)
              How the action works
              Specify a communication status that is persistent
              Communication states
              Specifying a session
              Examples
            Conditional action (<if> element and <else> element)
              Specifying the condition
              Condition is True (<if> element)
              Condition is false (<else> element)
              Condition action not allowed within a Condition action
              Example
            Extract action (<extract> element)
              Capturing text
                Set the Continuous Extract option
                Specify the area of the session window
                Specify an extraction name
                Specify TEXT_PLANE as the data plane
                Specify the variable in which you want the text to be stored
              Treatment of nulls and other undisplayable characters
              Capturing a rectangular area of the session window
              Capturing a sequence of text from the session window
              Unwrap Text option
                When Unwrap Text is true and Continuous Extract is false
                When Unwrap Text is true and Continuous Extract is true
              Using the Toolkit to capture data from any data plane
              Specifying a session
            FileUpload action (<fileupload> element)
              Connecting with the database server
                Database URL
                Driver Identifier and Driver Class
                User ID and Password
              Specifying information for the file upload
                File Name and File Type
                Table Name
                Create
                Replace
                Append
                Update
              Preloading the database components for the Z and I Emulator for Web client
            Input action (<input> element)
              Location at which typing begins
              Input errors
              Input string
              Translate Host Action Keys
              Move Cursor to End of Input
              Password
                Automatic encryption during macro recording
                Using the Password checkbox
                Using the Code Editor
                Encrypting a variable name
              Specifying a session
              Example
            Message action (<message> element)
              Displaying the message caption and message text
            Mouse click action (<mouseclick> element)
              Specifying row and column
              Specifying a session
              Copy and paste example
            Pause action (<pause> element)
            Perform action (<perform> element)
              Invoking the method
              Examples
            PlayMacro action (<playmacro> element)
              Adding a PlayMacro action
              Target macro file name and starting screen
              Transferring variables
                Requirements for transferring variables
                Restriction
                Additional information
                When the target macro needs to import a type
              Examples
            Print actions (<print> element)
              Print Start
                Printer Setup and Page Setup
                Assign Return Code to a Variable
              Print Extract
                Specifying the area to be printed
                Assign Return Code to a Variable
                Specifying a session
              Print End
                Assign Return Code to a Variable
            Prompt action (<prompt> element)
              Displaying the prompt window
                Parts of the prompt window
                Default Response
                Password Response
                Require Response
              Processing the contents of the input field
                Response Length
                Action keys and Translate Host Action Keys
              Handling the input sequence in the session window
              Assigning the input sequence to a variable
              The promptall attributes
              Specifying a session
            Run program action (<runprogram> element)
              Launching the native application
              Waiting for the native application to terminate
              Capturing the return code
              Example of launching a native application
            SQLQuery action (<sqlquery> element)
              Two sections: statement and results
              Using the SQL Wizard
              Importing an SQL statement
              Using the fields in the statement section
                Database URL
                Driver Identifier and Driver Class
                User ID and Password
                Statement
              Using the result section
                Storing the data into a global variable ($HMLSQLUtil$)
                Writing the data into a file
                Displaying the data
              Preloading the database components for the Z and I Emulator for Web client
            Trace action (<trace> element)
              Example
              User trace event
            Variable update action (<varupdate> element)
              Variable update action with a field variable
                Reading part of a field
            Xfer action (<filexfer> element)
              Basic parameters
              Advanced parameters
              Parameters for BIDI sessions (Arabic or Hebrew)
              Specifying a session
              Examples
        Screen Recognition, Part 2
          Valid next screens
          Entry screens, exit screens, and transient screens
            Entry screens
              Macro with several entry screens
              Entry screen can also be a normal screen
            Exit screens
            Transient screens
              Example of handling of transient screen
          Timeout settings for screen recognition
            Screen recognition
            Timeout Between Screens (Macro tab)
            Timeout (Links tab)
          Recognition limit (General tab of the Screens tab)
            Determining when the recognition limit is reached
            Action when the Recognition limit is reached
        Actions, Part 2: Timing issues
          Pause after an action
            Speed of processing actions
            Pause Between Actions (Macro tab)
            Set Pause Time (General tab of the Screens tab)
            Adding a pause after a particular action
          Screen completion
            Recognizing the next macro screen too soon
            The ordinary TN3270 protocol
            Solutions
              Add more descriptors
              Insert a delay after the input action
              Use the contention-resolution feature of TN3270E
            Attributes that deal with screen completion
              ignorepauseforenhancedtn=true/false
              ignorepauseoverride=true/false
              delayifnotenhancedtn=(milliseconds)
        Variables and imported Java classes
          Introduction to variables and imported types
            Advanced macro format required
            Scope of variables
            Introduction to the Variables tab
              Creating a new variable
              Creating an imported type for a Java class
          Issues you should be aware of
            Deploying Java libraries or classes
            Variable names and type names
            Transferring variables from one macro to another
            Field variables
          Using variables
            When variables are initialized
            Using variables belonging to a standard type
              Using the value that the variable holds
              Writing a value into a variable belonging to a standard type
                Restrictions
                Writing a Java object into a variable of standard type
            Using variables belonging to an imported type
              Using the value that the variable holds
              Restrictions
              Writing into the variable belonging to an imported type
            Comparing variables of the same imported type
          Passing a parameter list to a macro
            How the Z and I Emulator for Web processes a parameter list
            Specifying the parameter list
              Where to specify a parameter list
              Format of a parameter list
              Checking the parameter list for errors
              Specifying the parameter list from a program
            Considerations for the macro writer
            A parameter list does not initialize variables in a chained-to macro
          Calling Java methods
            Where method calls can be used
            Syntax of a method call
            How the macro runtime searches for a called method
          The Macro Utility Libraries (HML libraries)
            Invoking an method belonging to an HML library
            Variables names beginning with HML are reserved
            $HMLFormatUtil$
              Converting numbers to and from the format of the current locale
              Method details
                numberToString()
                stringToNumber()
            $HMLPSUtil$
              Presentation space
              Method details
                convertPosToCol()
                convertPosToRow()
                enableRoundTrip()
                getCursorCol()
                getCursorPos()
                getCursorRow()
                getSize()
                getSizeCols()
                getSizeRows()
                getString()
                searchString()
            $HMLSessionUtil$
              Method details
                getHost()
                getLabel()
                getName()
            $HMLSQLUtil$
              Format of the stored data
              Method details
                getColumnSize()
                getDataByIndex()
                getDataByName()
                getRowSize()
            $HMLSystemUtil$
              Method details
                getHTMLParameter()
                getenv()
                  Limitations
                getSystemProperty()
                General Limitations
            FormatNumberToString() and FormatStringToNumber()
        Other security options
          Record password
            When Record Password is enabled
            When Record Password is disabled
        Other advanced features
          Interacting with more than one session
            Basics
            Implementation
            Two techniques for building macro screens
            Runtime processing
              Descriptors
                All descriptors apply to the same active session
                Some descriptors apply to a different active session
              Actions
            Run-time requirements
            Specifying a Host ID
              Using automatic editing features with other sessions
            Recording a macro that interacts with more than one session
              Storing the macro script
              One recorded macro screen refers to one session window
              Starting, stopping, and switching sessions
              The currently selected session
              Other active sessions
              More than one active recording
            Referring to different sessions in the same macro screen
            Disabling macro recording
        The graphical user interface
          Updating fields in the Macro Editor
            Using the session window
            Using the marking rectangle
            Using the session window's text cursor
            Error in specifying a string
          Using the Code Editor
            Copy and paste a script from this guide into the Code Editor
      The macro language
        Features of the macro language
          Use of XML
            XML syntax in the Z and I Emulator for Web macro language
            Code Editor
          Hierarchy of the elements
          Inserting comments into a macro script
            Format of comments
            Comment errors
            Examples of comments
          Debugging macro scripts with the <trace> element
          Using the ZIE Host Access Toolkit product with macros
        Macro language elements
          Specifying the attributes
            XML requirements
            Advanced format in attribute values
            Typed data
          <actions> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <attrib> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <boxselection> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <comment> element
            General
              A better method for inserting comments
            Attributes
            XML samples
          <commwait> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <condition> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <create> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <cursor> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <custom> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <customreco> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <description> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <else> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <extract> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <fileupload> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <filexfer> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <HAScript> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <if> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <import> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <input> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <message> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <mouseclick> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <nextscreen> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <nextscreens> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <numfields> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <numinputfields> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <oia> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <pause> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <perform> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <playmacro> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <print> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <prompt> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <recolimit> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <runprogram> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <screen> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <sqlquery> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <string> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <trace> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <type> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <vars> element
            General
            Attributes
            XML samples
          <varupdate> element
            General
            Attributes
            XML samples
        Sample macro code
          Copy CICS transaction records into Excel spreadsheet or DB2 database
            Introduction
            Steps for running Excel sample (Windows only)
            Steps for running DB2 sample
      Additional information
        The default combining rule for multiple descriptors in one macro screen
          Statement of the rule
        Mnemonic keywords for the Input action
      Notices
      Trademarks
    Host Access Toolkit
      About this book
      Introducing the ZIE Host Access Toolkit
        Components of the ZIE Host Access Toolkit
        What's new in Z and I Emulator for Web Version 2.0
          New functions in Z and I Emulator for Web Version 2.0
        Where to go for more information
          Web sites
      Planning for the ZIE Host Access Toolkit
        Supported operating systems
        Disk space requirement
        Supported browsers
        Java Support
      Installing the ZIE Host Access Toolkit
      Introducing the ZIE Host Access Toolkit Application Programming Interfaces
        Introducing the Host Access Class Library
        Introducing the Host Access Beans
          Descriptions
          Events
          Accessibility Features
        Introducing Z and I Emulator for Web J2EE Connector
      Installing the iSeries Toolbox for Java
      Notices
        Trademarks
    Host Printing Reference
      About this book
      Conventions used in this book
      Introduction to Host Printing (3270)
      Creating a Printer Definition Table (3270)
      Understanding the Format of Printer Definition Files (3270)
      Introduction to Host Printing (5250)
      Introduction to Host Printing (VT)
      Printer Data Stream Information (3270)
      National Language Support
      Advanced Configuration Options (3270)
      Troubleshooting
      Associated Printer Sessions (3270)
      Printer Definition File Example (3270)
    Tutorials
      Customizing HTML templates
      Configuring the SSH client
      ZIE for Web on iSeries
    Troubleshooting and support
      Troubleshooting overview
      Troubleshooting checklist
      Troubleshooting tips for users
      Searching knowledge bases
        Web search
      Getting fixes
      Preparing to call HCL support
      Contacting support
    Online Help
      For Administrators
        Overview
          Planning for deployment
          Configuring ZIE for Web sessions
        Deployment Wizard
          Deployment Wizard welcome
          Configuration model
          Browser Independent ZIEWeb Clients
            ZIEWeb Lite Client
            HCL ZIEWeb Desktop Client
          Additional Options
          Client Settings
          Web Start Settings
          Preload Options
          Advanced Options
            HTML parameters
            Code base
            HTML templates
          File Name and Output Format
        HTML model
          Understanding the HTML model
          Benefits of the HTML-based model
          Configuring and managing sessions using the Deployment Wizard
            Configuring host sessions
            Disable Functions
            Sharing and reusing macros, keyboard and toolbar definitions (administrators)
        Configuration server model
          Understanding the configuration server model
          Configuration server-based model
          Managing users and groups
            Adding a group
            Enabling users to create accounts
            Adding a user
            Deleting a user or group
            Using the Directory Utility
          Configuring and managing sessions using the Administration Utility
            Configuring host sessions
            Disable Functions
            Sharing and reusing macros, keyboard and toolbar definitions
          LDAP
            Understanding directories
            Setting up and using LDAP
            Specifying the LDAP directory information
            Migrating to an LDAP directory
            Implications of migrating to LDAP
          Combined model
            Understanding the combined model
            Combined model
          Printing
            Printing from a host to a workstation (3270)
            Printing from a host to a workstation (5250)
            Compiling a printer definition table
            Printer Setup
          Transferring files
            Using FTP
            Using sftp (SSH File Transfer Protocol)
            Using host file transfer
          Java 1 and Java 2
            Planning for Java on the client
            Java 1
            Java 2
          Security and certificate management
            Server authentication
            Obtaining a server certificate
            Making server certificates available to clients
            Configuring clients to use SSH
            Configuring clients to use SSL
          Working with macros
            Using the Macro Editor
            Using the Macro Manager
            Creating and deploying server macro libraries for users
            Editing macro screen definitions
          Service manager
            Configuring the service manager
            Using the Redirector
              Introducing the Redirector
              Defining a host in the Redirector
              Changing a host defined to the Redirector
              Deleting a host from the Redirector
      For Users
        Using sessions
          Starting a session
          Adding a session
          Copying a session
          Deleting a session
          Bookmarking a session
          Jumping between sessions
          Cut, Copy, Paste, and Entry Assist in a session
          Using Start PC Command (STRPCCMD) in a 5250 host session
        Configuring user sessions
          Sharing and reusing macros, keyboard and toolbar definitions
          Remapping the keyboard
          Specifying a key as repeating or non-repeating
          Changing host session colors
          Customize Toolbar
          Configuring clients to use SSH
          Configuring clients to use SSL
          Configuring to connect to the Redirector
          History file setup
          Configuring the Popup Keypad
          Configuring the Mouse Wheel
        Java 1 and Java 2
          Using Java 1
          Using Java 2
        Printing
          Printing a screen
          Changing margins, page orientation, and paper source
          Adding headers and footers
          Print Screen
          Print Screen Collection
          Printing from a 3270 host session
          Printing from a 5250 host session
          ZipPrint
        Transferring files
          Using FTP
          Using sftp (SSH File Transfer Protocol)
          Using host file transfer
          Changing transfer options
        Security and certificate management
          Client authentication
          Obtaining client certificates
          Changing a certificate password
          Viewing security information for an SSH session
          Viewing server certificate information
          Viewing or saving certificate information
        Managing macros
          Managing a macro
          Recording a macro
          Saving a macro to a personal macro library
          Playing a macro
          Changing a macro
          Editing a macro
          Deleting a macro
        National language support
          General national language support
            Adobe PDF file created by a 3270 printer session
            Definitions of some national language support terms
            Displaying national language characters correctly
            DBCS languages
            European languages
            Greek
            Turkish
            Unicode support for OS/400
            User-defined characters (UDCs)
          Bidirectional language support
          Hindi language support
          Thai language support
      Miscellaneous
        HTML Parameters
        Cut/Copy only if a trim-rectangle is marked
        Adding toolbar buttons
        Adding a prompt
        Creating your own user account
        Database On-Demand Group/User Statements
        Basic Configuration Steps
        Custom Function Editor
        Database On-Demand Group/User Options
        Change a user's or a group's account
        Change the administrator user ID and password
        Service Manager's configuration port
        CICS
        Bidirectional support of Codepage Converter
        Understanding session colors
        Configuring the configuration servlet
        Configure a host session for a user or group
        Configuring TLS
        Copy a user or group
        Using custom colors with Java 2 browsers
        Cut/Copy tab
        Registering a JDBC driver
        File formats for database access
        Getting started with Database On-Demand
        Overview of database access
        Transfer mode
        Logon Type
        Using DWunzip
        Storing default session configurations and user preferences
        ENPTUI
        Entry Assist tab
        Express Logon
        Export Session
        Running external commands after host print jobs
        Connection
        Internationalization
        Overview of FTP and sftp clients
        FTP Runtime Preferences
        Start Options
        Transfer Type
        General
        Logon
        TLS/SSL
        Proxy Server
        Advanced Options (Page Setup)
        Import Session
        Capturing screen data (the extract action)
        Using the Java plug-in
        Checking and setting the JVM level for clients running Internet Explorer
        Specifying keystroke buffering
        Default Characters and Functions
        Using the keyboard to draw and move the trim box
        Set the number of incorrect password attempts allowed
        License usage overview
        Specifying a parameter list for a macro
        Locations where you can specify a parameter list for a macro
        Mac OS X host print support
        server macro libraries
        Editing macro links
        Using the Macro Manager
        Editing macro properties
        Viewing macro properties
        Using the host session default colors
        Macro Manager exercise
        MVS/TSO
        Native Authentication
        General information about the DBCS languages
        Japanese
        Korean
        Chinese (Simplified)
        Chinese (Traditional)
        Chinese (Simplified) and Chinese (Traditional)
        Using the user-defined character (UDC) mapping editor
        NLS Support terms
        Turkish
        Opening Keyboard, Popup Keypad and Toolbar configuration components
        i5/OS and OS/400
        i5/OS and OS/400 proxy server
        Paste tab
        Page Setup (3270 Printer session, 3270 Display session)
        disable functions
        Preferences
        Adding a prompt
        Proxy Server
        Using Print Screen Collection to capture part of a screen
        Process Print Screen Collection
        Functions for printing in display emulation sessions
        Configuring a browser to display a local file
        Adding a host to the Redirector
        Changing a host defined to the Redirector
        Setting up Redirector with TLS or SSL
        Saving Keyboard, Popup Keypad, and Toolbar configuration components
        Actions
        Description
        General
        Variables
        TLS/SSL
        Security limitations
        Configuring a session for easy launch
        Adding a smart wait
        Export public key
        Well-known Certificate Authority (CA)
        Using a server certificate from an unknown CA
        Security information for sessions
        Express Logon
        Status and error information
        Telnet-negotiated security overview
        Trim tab
        Undo operations
        Self-signed certificate
        VM/CMS
        ANSI color attributes for VT Display sessions
        Understanding VT bidirectional language support (Arabic and Hebrew)
        Customize Profiles
        New Profile Name
        Select Application for ZipPrint
HCL Z and I Emulator for Web (JAPANESE)
  HCL Z and I Emulator for Web (JAPANESE)
  リリース・ノート
    HCL Z and I Emulator for Web バージョン 1.0 Readme
      HCL Z and I Emulator for Web バージョン 1.0 Readme
    詳細情報
      システム要件
      既知の問題
  製品ドキュメント
    ライセンス
      Flexera を使用した ZIEWeb のライセンスの構成
      HCL ZIE License Manager
        ZIE License Manager の概要
        インストールと構成のガイド
        HCL ZIE License Manager の使用
        Flexera ライセンス統合
        HCL ZIE License Manager の制限事項
    インストール・ガイド
      本書について
        その他の Z and I Emulator for Web の資料について
        本書の規則
        用語
          Java に関連する用語
      Z and I Emulator for Web の計画
        紹介 HCL Z and I Emulator for Web
          Z and I Emulator for Web とは
          Z and I Emulator for Web の機能の仕組み
          Z and I Emulator for Web を使用する理由
            コスト効率の高い接続方法
            構成データの集中管理
            Telnet サーバーへの直接接続
            ブラウザー・ベースのユーザー・インターフェース
            多様なプラットフォームおよびネットワーク環境のサポート
            Java のサポート
            インターネット・プロトコルバージョン 6 のサポート
            多くの各国語のサポート
            セキュア接続
            カスタム HTML ファイル
            新規 e-business アプリケーションを作成するためのツールキット
            WebSphere Portal のサポート
            IBM System i サーバー上の DB2 データベースへの接続
          新機能
            以下に関する最新情報の入手: Z and I Emulator for Web
        デプロイメントの計画
          HTML ベース・モデルの理解
          構成サーバー・ベース・モデルの理解
          結合モデルの理解
          クライアント配置の考慮事項
        クライアントでの Java の計画
          Java 用のクライアントの改善
            サポートの制限
          Java を使用したクライアントのダウンロード
            プリロード・リストにないコンポーネントをダウンロードできない
            HTML ファイルにいくつかのコンポーネントが含まれていない
          Java のある Mac OS X
            Mac OS X の制限
            Java クライアントを使用すると起動時間が少し遅くなる
            Java プラグイン固有の制限
            カスタマー提供のアプレットおよび Java に関する制限
            制限付きユーザーおよび Java に関する制限
          ブラウザーと Java プラグイン
            Java 対応ブラウザー
            Java プラグインを使用した Microsoft Internet Explorer
            Java プラグインを使用した Firefox
        セキュリティーの計画
          トランスポート層セキュリティー (TLS) (Transport Layer Security (TLS))
            TLS セキュリティーの仕組み
              証明書
            次のための TLS: Z and I Emulator for Web
              セッション・セキュリティー
              Z and I Emulator for Web クライアントのための基本 TLS の使用可能化
              セッション・セキュリティーを使用する場合の例
            Web サーバー・セキュリティー
            セキュリティーの構成
          リダイレクター
            リダイレクターの使用目的
            リダイレクターの動作
            リダイレクターのロード容量
            リダイレクターがサポートするオペレーティング・システム
              IPv4 をサポートするオペレーティング・システム
              IPv6 に対するリダイレクターのサポート
          ファイアウォールと Z and I Emulator for Web の使用
            ファイアウォール・ポートの構成
            プロキシー・サーバーを介したホスト・システムへの接続
              Socks プロキシー・サーバーを介した接続
              HTTP プロキシー・サーバーを介した接続
          ユーザー ID セキュリティー
            Web Express Logon
            ネイティブ認証
            Windows ドメインのログオン
          FIPS 環境
        各国語サポートの計画
          サポートされる言語
          サポートされるホスト・コード・ページ
            3270 および 5250 コード・ページ
            VT コード・ページ
            CICS ゲートウェイ・コード・ページ
          日本語 JIS2004 Unicode のサポート
          ユーザー定義文字マッピング
          i/OS および OS/400 でのユニコード・サポート
      インストール、アップグレード、およびアンインストール Z and I Emulator for Web
        Z and I Emulator for Web サーバーおよび関連ソフトウェアのインストール
          Installation Manager を使用した Z and I Emulator for Web のインストール
            重要なリンク
          ZIEWeb のインストールの前に
            インストールの準備
          Z and I Emulator for Web のインストール
            インストールに Installation Manager GUI を使用
          デプロイメント・ウィザード
            デプロイメント・ウィザードのインストール
            Z and I Emulator for Web サーバーからのデプロイメント・ウィザード・インストール・イメージのダウンロード
          ZIE Host Access Toolkit
            ZIE Host Access Toolkit のインストール
          コンソール・モードでのインストール
            コンソール・モードでのインストールについて
            ZIEWeb を IBM iSeries にインストールする前に
            インストール手順
            コンソール・モードでのデプロイメント・ウィザードのインストール
            コンソール・モードでの ZIE Host Access Toolkit のインストール
          サイレント・モードでのインストール
            インストール手順
          構成サーブレットのインストール
            WebSphere Application Server でのサーブレットのデプロイ
        Z and I Emulator for Web サーバーのアンインストール
          Installation Manager コンソール・モードを使用した Z and I Emulator for Web のアンインストール
      Z and I Emulator for Web の構成
        Z and I Emulator for Web エミュレーター・クライアントの構成
          Z and I Emulator for Web HTML ファイルの作成
          Z and I Emulator for Web セッションの構成
          デプロイメント・ウィザードの使用
            Z and I Emulator for Web サーバーへのデプロイメント・ウィザード出力の配布
        Z and I Emulator for Web の管理クライアントおよび新規ユーザー・クライアントの使用
          管理クライアントおよび新規ユーザー・クライアントのロード
          管理クライアント
            ディレクトリー・ユーティリティー
          新規のユーザー・クライアント
        Z and I Emulator for Web エミュレーター・クライアントの使用
          エミュレーター・クライアントのロード
          適切なクライアントの選択
          Web Start クライアント
            Web Start クライアントのインストール
              Web Start クライアントを Z and I Emulator for Web サーバーからインストール
                Web ブラウザーを使用する場合
                Web ブラウザーを使用しない場合
              LAN または DVD からの Web Start クライアントのインストール
            Web Start のための Web サーバーの構成
              Apache HTTP Server または IBM HTTP Server
              Microsoft IIS 7.0
            Web Start クライアントのアップグレード
            初期インストール後の Web Start コンポーネントの追加
            Web Start でのブックマーク・セッション
            Web Start の HTTPS での使用
            Web Start クライアントの除去
          カスタマー提供の Java アーカイブおよび Java クラスのデプロイ
            AdditionalArchives HTML パラメーターの使用
            パブリッシュ・ディレクトリーからのデプロイ
            アーカイブ・ファイルについてのヒント
        Database On-Demand クライアントの使用
          ディスプレイ・エミュレーション・クライアントおよびマクロにおけるデータベース機能
          Database On-Demand クライアントの開始
          Database On-Demand の定義済みクライアント
          ユーザー用の Database On-Demand の構成
          JDBC ドライバーの入手とインストール
          データベース・アクセス用のファイル形式
          Database On-Demand での複数コード・ページの使用
            サポートされる Database On-Demand コード・ページ
        サーバー・マクロ・ライブラリーの作成およびデプロイ
          サーバー・マクロ・ライブラリーの Web サーバーへのデプロイ
            サーバー・マクロ・ライブラリーの共有ドライブへのデプロイ
        セッション・プロパティーの動的変更
          初期 HTML ファイルのセットアップ
          コード・ベースの設定
          ConfigBase パラメーターの追加
          HTML パラメーターの指定変更
          指定変更可能な特定のセッション・プロパティー
          例 #1: クライアントの IP アドレスに基づく LU 名の指定変更
          例 #2: HTML のフォームを使用してユーザーが接続先ホストを指定できるようにする
        zSeries での Z and I Emulator for Web の構成
          別々の読み取り/書き込みプライベートおよびパブリッシュ・ディレクトリーのセットアップ
            Z and I Emulator for Web プライベート・ディレクトリー用に別個のファイル・システムをセットアップ
            別のユーザー・パブリッシュ・ディレクトリーのセットアップ
          デプロイメント・ウィザードを z/OS サーバーからインストール
        IBM System i での Z and I Emulator for Web の構成
          IBM System i 上での Z and I Emulator for Web サービス・マネージャーの構成、開始および停止
            構成
            開始
            停止
            ZIE サーバー状況での作業
            情報バンドラーの開始
            ZIEWeb プリンター定義テーブルの作成
          IBM System i でのデプロイメント・ウィザードの使用
          セキュア接続のための IBM System i サーバーの構成
            i/OS および OS/400 での TLS を使用する Z and I Emulator for Web のインストールと構成
            セキュア接続のための Telnet サーバーの構成
            Z and I Emulator for Web の CustomizedCAs 鍵リングの構成
            クライアント認証
            セキュア接続用の Z and I Emulator for Web OS/400 プロキシーの構成
              TLS ユーザー許可のセットアップ
            セキュア Web サービス
          i/OS および OS/400 でのユニコード・サポート
            全般情報
            ホスト・プログラミング情報
          Eclipse プラグイン・サポート
            Z and I Emulator for Web プラグインの作成
            セッション・プロパティーの動的設定
            別のユーザー・パブリッシュ・ディレクトリーを使用する
            Z and I Emulator for Web プラグインで使用されるビュー ID
            Eclipse-Plugin 環境での Z and I Emulator for Web の使用に関する制限
          LDAP を使用する Z and I Emulator for Web サーバーの構成
            LDAP サポートの設定
            スキーマ拡張機能のインストール
            LDAP をデータ・ストアとして使用する場合の Z and I Emulator for Web サーバーの構成
      特記事項
      商標
    Web Express Logon 解説書
      本書について
        本書について
          本書の規則
      Web Express Logon の概要
        概要
          Web Express Logon、Certificate Express Logon、および Reuse Active Credentials の相違点は?
            Web Express Logon でのクライアント証明書の使用
          Certificate Express Logon から証明書ベースの Web Express Logon へのマイグレーションは可能か?
          Web Express Logon の機能
            マクロ・ベースの自動化
              サポートされる環境
                z/OS および DCAS ホスト認証
                ボールト・スタイルの信任状マッピングによる z/OS
                Portal Server の Credential Vault Service による認証
            接続ベースの自動化
              サポートされる環境
                Kerberos パスチケット認証を行う IBM i5/OS または OS/400 ホスト
                FTP ログイン
      計画
        インプリメンテーションのための計画
          ステップ 1: ログオン自動化に使用するスタイルを選択する。
          ステップ 2: 信任状の妥当性確認の範囲を識別する。
          ステップ 3: 使用の環境の一覧表を作成する。
            マクロ・ベースの自動化
            接続ベースの自動化
          ステップ 4: デプロイメント戦略を開発する。
          ステップ 5: HCM データベースを確立する。
      マクロ・ベースの自動化のインプリメント
        z/OS および DCAS 環境におけるマクロ・ベースの自動化の構成
          ステップ 1: Credential Mapper Servlet (CMS) を構成する。
            A. Z and I Emulator for Web DVD で WAR ファイルを探す。
            B. web.xml ファイルの INIT パラメーターに精通する。
            C. CMS 関連のパラメーターを編集する。
            D. オプションの CMS 関連のデバッグ・パラメーターを追加する。
            E. CMPIDCASPlugin の必要な DCAS クライアント・パラメーターを追加する。
            F. オプションの DCAS パラメーターを追加する (必要な場合)。
          ステップ 2: WAR ファイルを保管し、CMS をデプロイする。
          ステップ 3: SSL 鍵データベースを作成する。
          ステップ 4: Web サーバーの証明書を Java 鍵リングに追加する (Java 2 クライアントのみ)。
          ステップ 5: HTML ファイルの作成を開始する。
          ステップ 6: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 7: Web Express Logon マクロを記録する。
          ステップ 8: HTML ファイルの作成を終了します。
        ボールト・スタイル環境におけるマクロ・ベースの自動化の構成
          ステップ 1: Credential Mapper Servlet (CMS) を構成する。
            A. Z and I Emulator for Web DVD で WAR ファイルを探す。
            B. web.xml ファイルの INIT パラメーターに精通する。
            C. CMS 関連のパラメーターを編集する。
            D. オプションの CMS 関連のデバッグ・パラメーターを追加する。
            E. CMPIVaultPlugin の必要な Vault パラメーターを追加する。
            F. オプションの Vault パラメーターを追加する (必要な場合)。
          ステップ 2: WAR ファイルを保管し、CMS をデプロイする。
          ステップ 3: HTML ファイルの作成を開始する。
          ステップ 4: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 5: Web Express Logon マクロを記録する。
          ステップ 6: HTML ファイルの作成を終了します。
        Portal Server 環境におけるマクロ・ベースの自動化の構成
          ステップ 1:Z and I Emulator for Web ポートレットの作成を開始する。
          ステップ 2: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 3: Web Express Logon マクロを記録する。
          ステップ 4:Z and I Emulator for Web ポートレットの作成を終了する。
          ステップ 5: カスタム・ポートレットを使用してユーザー信用証明情報を管理する。
      接続ベースの自動化のインプリメント
        i5/OS または OS/400 および Kerberos 環境における接続ベースの自動化の構成
          ステップ 1: デプロイメント・ウィザードを使用してユーザーの HTML ファイルを作成する。
          ステップ 2: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
        FTP 環境における接続ベースの自動化の構成
          ステップ 1: Credential Mapper Servlet (CMS) を構成する。
            A. Z and I Emulator for Web DVD で WAR ファイルを探す。
            B. web.xml ファイルの INIT パラメーターに精通する。
            C. CMS 関連のパラメーターを編集する。
            D. オプションの CMS 関連のデバッグ・パラメーターを追加する。
            E. CMPIVaultPlugin の必要な Vault パラメーターを追加する。
            F. オプションの Vault パラメーターを追加する (必要な場合)。
          ステップ 2: WAR ファイルを保管し、CMS をデプロイする。
          ステップ 3: HTML ファイルの作成を開始する。
          ステップ 4: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 5: HTML ファイルの作成を終了します。
      API プログラミング・ガイド
        Web Express Logon のカスタマイズ
          アプローチ 1: CMS 全体を独自のカスタム・バージョンのサーブレットと置き換える
            HTTP 要求パラメーター
            XML データ応答オブジェクト
          アプローチ 2: 以下に提供されている既存の CMS をカスタマイズする: Z and I Emulator for Web
            com.ibm.eNetwork.security.SSO.CMS.CMInterface
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMRequest
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMResponse
          独自のプラグインの作成
      エラー・メッセージのトラブルシューティング
        Web Express Logon のトラブルシューティング
          Web Express Logon クライアント・サイド・メッセージ
          Web Express Logon サーバー・サイド・メッセージ
          DCAS エラー・メッセージ
      Web Express Logon マクロの記録
      サーバー・ベース・モデル構成を使用した Web Express Logon
      パスワード暗号化ツール
        Windows プラットフォーム
        Unix プラットフォーム
      サンプル HCM プラグイン
        HCM プラグインを作成する。
        web.xml ファイルを更新する。
      用語集
        認証タイプ (authentication type)
        クライアント証明書 (client certificate)
        接続ベースの自動化
        信任状チャレンジ (credential challenges)
        Credential Mapper Servlet (CMS)
        Digital Certificate Access Server (DCAS)
        エンタープライズ ID マッピング (EIM)
        絶対クラス・パス名 (full class path name)
        Host Credential Mapper (HCM)
        ホスト ID (host ID)
        ホスト・マスク (host mask)
        Kerberos
        マクロ・ベースの自動化
        ネットワーク ID (network ID)
        Network Security プラグイン
        Portal Server Credential Vault
        リソース・アクセス管理機能 (RACF)
      詳細情報としてのソース
      特記事項
      商標
    マクロ・プログラミング・ガイド
      本書について
        その他の Z and I Emulator for Web の資料について
        本書の規則
      マクロの基本
        概要
          Z and I Emulator for Web マクロ
            マクロの定義
            マクロの利点
            初級ユーザー
            上級ユーザー
            プログラミング機能
            サンプル
          マクロの配置
          マクロを使用したエンタープライズ・アプリケーションの統合
          ZIE Host Access Toolkit
          マクロとセキュリティー
          本書における 3270 アプリケーション
        マクロのコンポーネント
          概要
          マクロ管理プログラム
            マクロ・マネージャー・ツールバー
            マクロ・エディター
            コード・エディター
          マクロ・ランタイム
          マクロ・オブジェクト
          その他の用語の定義
        単純マクロの記録と再生
          単純マクロの記録
          単純マクロの再生
          キーの組み合わせへのマクロの割り当て
        マクロの構造
          マクロ・スクリプト
            XML エレメント
            マクロ・スクリプトの概念視点
            マクロ・タブの概要
          マクロ画面とそのサブコンポーネント
            アプリケーション画面
            マクロ画面
            マクロ画面の概念視点
            画面タブの概要
      マクロの開発
        データ・タイプ、演算子、および式
          マクロ形式の選択
            基本マクロ形式と拡張マクロ形式の比較
            ストリングと特殊文字の表記、演算子文字の取り扱い
              基本マクロ形式のストリング表記規則
              拡張マクロ形式のストリング表記規則
            別の形式へのマクロの変換
              拡張マクロ形式へのマクロの変換
              基本マクロ形式へのマクロの変換
          標準データ・タイプ
            ブール・データ
              ブール値はストリングではない
            整数
              整数定数
            倍精度
            ストリング
          フィールド
          値 null
          算術演算子および式
            演算子および式
            演算式の使用場所
          ストリング連結演算子 (+)
            演算子および式
          条件演算子と論理演算子および式
            条件式には複合条件を含むことができる
            条件式の用途
          自動データ型変換
            コンテキストの影響
            ブールへの変換
            整数への変換
            倍精度への変換
            ストリングへの変換
            変換エラー
          等価
          行または列の負の値の意味
        マクロ・ランタイムによるマクロ画面の処理方法
          概要
            例として使用されるシナリオ
            マクロ画面の処理ステージ
            ステージ 1 の詳細
            プロセス全体 (3 つの全ステージ) の概要
            概要の結論
          ステージ 1: 次に処理するマクロ画面を決定する。
            有効な次画面のリストへのマクロ画面名の追加 (ステップ 1(a))
              有効な次画面
              マクロ・ランタイムによる候補マクロ画面名の選択方法
                最初のマクロ画面
                後続のマクロ画面
                一時画面
            画面認識 (ステップ 1(b))
              評価の概要
              評価のやり直し
              マクロ画面がアプリケーション画面と一致するかどうかの判別
              2 つの認識機能
                画面認識のタイムアウト設定
                認識限界
            有効な次画面のリストからの候補マクロ画面の名前の除去 (ステップ 1(c))
          ステージ 2: 選択された候補を新しい現行マクロ画面にする
          ステージ 3: 新しい現行マクロ画面のアクションを実行する
            アクション後の遅延の挿入
          処理サイクルの繰り返し
          マクロの終了
        画面記述と画面認識
          用語の定義
          記述タブの概要
            記述タブの例
              新しい記述子の作成
          説明の記録
            記録される情報
            記録された説明が機能する理由
            記録された記述子が提供するフレームワーク
          記述子の評価
            役立つ情報
            プロセスの概要
            個々の記述子の評価
            デフォルト結合メソッド
              デフォルト結合メソッドの用途
              逆ディスクリプター
              オプション
              デフォルト結合規則
            uselogic 属性
          記述子
            概要
            「フィールド数および OIA」記述子
              必須
              3 つの別々の独立したディスクリプターを 1 つのディスクリプターとして提示する
              画面認識時の取り扱い
              「OIA が禁止解除になるのを待つ」記述子 (<oia> エレメント)
                セッションを指定する
              「フィールド数」記述子 (<numfields> エレメント)
                セッションを指定する
              「入力フィールド数」記述子 (<numinputfields> エレメント)
                セッションを指定する
              マクロ開発時のセッション・ウィンドウ内のフィールド数のカウント
            ストリング記述子 (<string> エレメント)
              長方形域の指定
              マクロ・ランタイムが長方形域を検索する方法 (ラップ・オプション)
                ストリング記述子における抽出ストリングの使用
              新規ストリング記述子における '*' ストリング
              簡単なパラメーター入力方法
              同じ <description> エレメント内の複数のストリング記述子
              セッションを指定する
            カーソル記述子 (<cursor> エレメント)
              セッションを指定する
            属性記述子 (<attrib> エレメント)
              属性の指定
              セッションを指定する
            条件記述子 (<condition>) エレメント
            カスタム記述子 (<customreco> エレメント)
          変数更新アクション (<varupdate> エレメント)
            説明内の変数更新アクションの処理
            uselogic 属性を使用した変数更新
        マクロ・アクション
          概要
            機能別のアクション
            アクションの実行方法
              ランタイムのコンテキスト
              マクロ画面のコンテキスト
            アクションのパラメーターの指定
          「アクション (Actions)」タブの概要
            「アクション (Actions)」タブの例
            新規アクションの作成
          アクション
            ボックス選択アクション (<boxselection> エレメント)
              行と列の値の指定
              マーキング長方形の消去
              セッションを指定する
              
            通信待機アクション (<commwait> エレメント)
              アクションの動作
              永続的な通信状況の指定
              通信状態
              セッションを指定する
              
            条件アクション (<if> エレメントおよび <else> エレメント)
              条件の指定
              条件が真 (<if> エレメント)
              条件が偽 (<else> エレメント)
              条件アクションの中で使用できない条件アクション
              
            抽出アクション (<extract> エレメント)
              テキストのキャプチャー
                「連続抽出」オプションを設定する
                セッション・ウィンドウの領域を指定する
                抽出名を指定する
                データ平面として TEXT_PLANE を指定する
                テキストを格納する変数を指定する
              ヌルなどの表示不可文字の処理
              セッション・ウィンドウの長方形領域のキャプチャー
              セッション・ウィンドウからのテキスト・シーケンスのキャプチャー
              「テキストのアンラップ (Unwrap Text)」オプション
                「テキストのアンラップ (Unwrap Text)」が true で「連続抽出」が false の場合
                「テキストのアンラップ (Unwrap Text)」が true で「連続抽出」が true の場合
              Toolkit を使用したデータ・プレーンからのデータのキャプチャー
              セッションを指定する
            FileUpload アクション (<fileupload> エレメント)
              データベース・サーバーとの接続
                データベース URL
                ドライバー ID とドライバー・クラス
                ユーザー ID とパスワード
              ファイル・アップロードの情報の指定
                ファイル名およびファイル・タイプ
                テーブル名
                作成
                置換
                付加
                更新
              Z and I Emulator for Web クライアント用のデータベース・コンポーネントのプリロード
            入力アクション (<input> エレメント)
              タイプ入力の開始位置
              入力エラー
              入力ストリング
              ホスト・アクション・キーの変換
              カーソルを入力の終わりに移動
              パスワード
                マクロ記録中の自動暗号化
                「パスワード」チェック・ボックスの使用
                コード・エディターの使用
                変数名の暗号化
              セッションを指定する
              
            メッセージ・アクション (<message> エレメント)
              メッセージ表題とメッセージ・テキストの表示
            マウス・クリック・アクション (<mouseclick> エレメント)
              行と列の指定
              セッションを指定する
              コピーと貼り付けの例
            休止アクション (<pause> エレメント)
            実行アクション (<perform> エレメント)
              メソッドの呼び出し
              
            PlayMacro アクション (<playmacro> エレメント)
              PlayMacro アクションの追加
              ターゲット・マクロのファイル名と開始画面
              変数の転送
                変数を転送するための要件
                制約事項
                追加情報
                ターゲット・マクロがタイプをインポートする必要がある場合
              
            印刷アクション (<print> エレメント)
              印刷開始
                プリンター・セットアップとページ・セットアップ
                戻りコードの変数への割り当て
              印刷抽出
                印刷する領域の指定
                戻りコードの変数への割り当て
                セッションを指定する
              印刷終了
                戻りコードの変数への割り当て
            プロンプト・アクション (<prompt> エレメント)
              プロンプト・ウィンドウの表示
                プロンプト・ウィンドウの各部分
                デフォルトの応答
                パスワードの応答
                応答が必要
              入力フィールドの内容の処理
                応答の長さ
                アクション・キーとホスト・アクション・キーの変換
              セッション・ウィンドウでの入力シーケンスの処理
              変数への入力シーケンスの割り当て
              promptall 属性
              セッションを指定する
            プログラム実行アクション (<runprogram> エレメント)
              ネイティブ・アプリケーションの起動
              ネイティブ・アプリケーションの終了の待機
              戻りコードの取り込み
              ネイティブ・アプリケーションの起動例
            SQLQuery アクション (<sqlquery> エレメント)
              2 つのセクション: ステートメントと結果
              SQL ウィザードの使用
              SQL ステートメントのインポート
              ステートメント・セッションのフィールドの使用
                データベース URL
                ドライバー ID とドライバー・クラス
                ユーザー ID とパスワード
                ステートメント
              結果セクションの使用
                グローバル変数 ($HMLSQLUtil$) へのデータの格納
                ファイルへのデータの書き込み
                データの表示
              Z and I Emulator for Web クライアント用のデータベース・コンポーネントのプリロード
            トレース・アクション (<trace> エレメント)
              
              ユーザー・トレース・イベント
            変数更新アクション (<varupdate> エレメント)
              フィールド変数に対する変数更新アクション
                フィールドの一部の読み取り
            Xfer アクション (<filexfer> エレメント)
              基本パラメーター
              拡張パラメーター
              BIDI セッション (アラビア語またはヘブライ語) 用のパラメーター
              セッションを指定する
              
        画面認識、第 2 部
          有効な次画面
          入り口画面、出口画面、および一時画面
            入り口画面
              複数の入り口画面があるマクロ
              入り口画面は通常画面にもすることが可能
            出口画面
            一時画面
              一時画面の処理の例
          画面認識のタイムアウト設定
            画面認識
            画面間のタイムアウト (「マクロ」タブ)
            タイムアウト (「リンク」タブ)
          認識限界 (「画面」タブの「その他」タブ)
            認識限界に達したことの判別
            認識限界に達したときのアクション
        アクション、パート 2: タイミングの問題
          アクション後の休止
            アクションの処理速度
            アクション間の休止 (「マクロ」タブ)
            休止時間の設定 (「画面」タブの「その他」タブ)
            特定のアクションの後に休止を追加する
          画面の完了
            次のマクロ画面の認識が早すぎる
            通常の TN3270 プロトコル
            ソリューション
              記述子の追加
              入力アクションの後に遅延を挿入する
              TN3270E のコンテンション解消機能の使用
            画面の完了に関係する属性
              ignorepauseforenhancedtn=true/false
              ignorepauseoverride=true/false
              delayifnotenhancedtn=(ミリ秒)
        変数とインポートした Java クラス
          変数とインポート型の概要
            拡張マクロ形式が必要
            変数の有効範囲
            「変数 (Variables)」タブの概要
              変数の新規作成
              Java クラスのインポート済みタイプを作成
          注意を必要とする問題
            Java ライブラリーまたはクラスの配置
            変数名とタイプ名
            マクロ間での変数の転送
            フィールド変数
          変数を使用する
            変数が初期化される時点
            標準タイプに属する変数の使用
              変数が保持する値の使用
              標準タイプに属する変数への値の書き込み
                制約事項
                標準タイプの変数に Java オブジェクトを書き込む
            インポート済みタイプに属する変数の使用
              変数が保持する値の使用
              制約事項
              インポート済みタイプに属する変数への書き込み
            同じインポート済みタイプの変数の比較
          パラメーター・リストのマクロへの引き渡し
            Z and I Emulator for Web によるパラメーター・リストの処理方法
            パラメーター・リストの指定
              パラメーター・リストの指定場所
              パラメーター・リストの形式
              パラメーター・リストでのエラーの確認
              パラメーター・リストのプログラムからの指定
            マクロ作成者の考慮事項
            チェーニングされたマクロで変数を初期化しないパラメーター・リスト
          Java メソッドの呼び出し
            メソッド呼び出しを使用できる個所
            メソッド呼び出しの構文
            マクロ・ランタイムが呼び出し先メソッドを検索する方法
          Macro Utility Libraries (HML ライブラリー)
            HML ライブラリーに属するメソッドの呼び出し
            HML で開始される予約済み変数名
            $HMLFormatUtil$
              数値と現行ロケールの形式との相互変換
              メソッドの詳細
                numberToString()
                stringToNumber()
            $HMLPSUtil$
              表示スペース
              メソッドの詳細
                convertPosToCol()
                convertPosToRow()
                enableRoundTrip()
                getCursorCol()
                getCursorPos()
                getCursorRow()
                getSize()
                getSizeCols()
                getSizeRows()
                getString()
                searchString()
            $HMLSessionUtil$
              メソッドの詳細
                getHost()
                getLabel()
                getName()
            $HMLSQLUtil$
              保管データの形式
              メソッドの詳細
                getColumnSize()
                getDataByIndex()
                getDataByName()
                getRowSize()
            $HMLSystemUtil$
              メソッドの詳細
                getHTMLParameter()
                getenv()
                  制限
                getSystemProperty()
                一般的な制限
            FormatNumberToString() および FormatStringToNumber()
        その他のセキュリティー・オプション
          パスワードの記録
            「パスワードの記録」が使用可能な場合
            「パスワードの記録」が使用不可な場合
        その他の拡張機能
          複数のセッションとの対話
            基本
            実装
            マクロ画面作成の 2 つの手法
            ランタイムの処理
              Descriptors
                すべてのディスクリプターが同じアクティブ・セッションに適用される
                ディスクリプターが異なるアクティブ・セッションに適用される
              アクション
            ランタイムの要件
            ホスト ID の指定
              異なるセッションでの自動編集機能の使用
            複数のセッションと対話するマクロの記録
              マクロ・スクリプトの格納
              記録済みマクロ画面は単一のセッション・ウィンドウを参照
              開始、停止、および、セッションの切り替え
              現在選択されているセッション
              その他のアクティブ・セッション
              複数のアクティブな記録
            同一のマクロ画面での異なるセッションの参照
            マクロ記録のディセーブリング
        グラフィカル・ユーザー・インターフェース
          マクロ・エディター内のフィールドの更新
            セッション・ウィンドウの使用
            マーキング長方形の使用
            セッション・ウィンドウのテキスト・カーソルの使用
            ストリングを指定する際のエラー
          コード・エディターの使用
            本書からコード・エディターへのスクリプトのコピー・アンド・ペースト
      マクロ言語
        マクロ言語の機能
          XML の使用
            Z and I Emulator for Web マクロ言語の XML 構文
            コード・エディター
          エレメントの階層
          マクロ・スクリプトへのコメントの挿入
            コメントの形式
            コメント・エラー
            コメントの例
          <trace> エレメントを使用したマクロ・スクリプトのデバッグ
          マクロと組み合わせた ZIE Host Access Toolkit 製品
        マクロ言語エレメント
          属性の指定
            XML 要件
            属性値の拡張形式
            タイプ付きデータ
          <actions> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <attrib> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <boxselection> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <comment> エレメント
            一般
              コメントの挿入方法
            属性
            XML サンプル
          <commwait> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <condition> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <create> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <cursor> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <custom> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <customreco> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <description> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <else> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <extract> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <fileupload> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <filexfer> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <HAScript> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <if> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <import> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <input> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <message> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <mouseclick> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <nextscreen> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <nextscreens> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <numfields> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <numinputfields> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <oia> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <pause> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <perform> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <playmacro> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <print> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <prompt> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <recolimit> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <runprogram> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <screen> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <sqlquery> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <string> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <trace> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <type> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <vars> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <varupdate> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
        サンプル・マクロ・コード
          Excel スプレッドシートまたは DB2 データベースへの CICS トランザクション・レコードのコピー
            概要
            Excel サンプルの実行手順 (Windows のみ)
            DB2 サンプルの実行手順
      追加情報
        1 つのマクロ画面内の複数ディスクリプターのデフォルト結合規則
          規則の記述
        入力アクションの略号キーワード
      特記事項
      商標
    Host Access Toolkit
      本書について
      ZIE Host Access Toolkit の紹介
        ZIE Host Access Toolkit のコンポーネント
        Z and I Emulator for Web Version 1.0 の新機能
          含まれる新機能 Z and I Emulator for Web Version 1.0
        詳細情報
          Web サイト
      ZIE Host Access Toolkit の計画
        サポートされるオペレーティング・システム
        ディスク・スペース所要量
        サポートされているブラウザー
        Java サポート
      ZIE Host Access Toolkit のインストール
      ZIE Host Access Toolkit アプリケーション・プログラミング・インターフェースの紹介
        Host Access Class Library の紹介
        Host Access Beans の紹介
          説明
          イベント
          ユーザー補助機能
        Z and I Emulator for Web J2EE Connector の紹介
      iSeries Toolbox for Java のインストール
      特記事項
        商標
    ホスト印刷解説書
      本書について
      本書の規則
      ホスト印刷 (3270) の概要
      プリンター定義テーブル (3270) の作成
      プリンター定義ファイル (3270) の形式の理解
      ホスト印刷について (5250)
      ホスト印刷 (VT) の概要
      プリンター・データ・ストリーム情報 (3270)
      各国語サポート
      拡張構成オプション (3270)
      トラブルシューティング
      関連プリンター・セッション (3270)
      プリンター定義ファイルの例 (3270)
    チュートリアル
      HTML テンプレートのカスタマイズ
      SSH クライアントの構成
      ISeries での ZIE for Web
    トラブルシューティングおよびサポート
      トラブルシューティングの概説
      トラブルシューティング・チェックリスト
      ユーザーのためのトラブルシューティングのヒント
      知識ベースの検索
        Web 検索
      フィックスの入手
      HCL サポートへのコールの準備
      サポートへのコンタクト
    オンライン・ヘルプ
      管理者に向けて
        ZIE License Manager
          ZIE License Manager の概要
          インストールと構成のガイド
          HCL ZIE License Manager の使用
          Flexera ライセンス統合
          HCL ZIE License Manager の制限事項
        概説
          デプロイメントの計画
          Web Start のための Web サーバーの構成
        デプロイメント・ウィザード
          デプロイメント・ウィザードへようこそ
          構成モデル
          ZIE for Web Java レベルの選択
          ブラウザーに依存しない ZIE for Web クライアント
            ZIEWeb Launcher
            管理対象 ZIEWeb
          クライアント設定
          Web Start クライアント
          プリロード・オプション
          拡張オプション
            HTML パラメーター
            コード・ベース
            HTML テンプレート
          ファイル名および出力フォーマット (File Name and Output Format)
        HTML モデル
          HTML ベース・モデルの理解
          HTML ベース・モデルの利点
          デプロイメント・ウィザードを使用したセッションの構成および管理
            ホスト・セッションの構成
            機能を無効にする
            マクロ、キーボード、およびツールバー定義の共用および再利用 (管理者)
        構成サーバー・モデル
          構成サーバー・ベース・モデルの理解
          構成サーバー・ベースのモデル
          ユーザーおよびグループの管理
            グループの追加
            ユーザーによるアカウントの作成を可能にする
            ユーザーの追加
            ユーザーまたはグループの削除
            ディレクトリー・ユーティリティーの使用
          管理ユーティリティーを使用したセッションの構成および管理
            ホスト・セッションの構成
            機能を無効にする
            マクロ、キーボード、およびツールバー定義の共用と再利用
          LDAP
            ディレクトリーの理解
            LDAP の設定および使用
            LDAP ディレクトリー情報の指定
            LDAP ディレクトリーへのマイグレーション
            LDAP へのマイグレーションの考慮点
          複合モデル
            結合モデルの理解
            結合モデル
          Java 1 および Java 2
            クライアントでの Java の計画
            Java 1
            Java 2
          セキュリティーおよび証明書管理
            サーバー認証
            サーバー証明書の取得
            サーバー証明書をクライアントに使用可能にする
            SSH を使用するためのクライアントの構成
            SSL を使用するためのクライアントの構成
          マクロを使用する作業
            マクロ・エディターの使用
            マクロ・マネージャーの使用
            サーバー・マクロ・ライブラリーの作成およびデプロイ
            マクロ画面定義の編集
          サービス・マネージャー
            サービス・マネージャーの構成
            リダイレクターの使用
              リダイレクターの紹介
              リダイレクターでのホストの定義
              リダイレクターに定義されたホストの変更
              ホストをリダイレクターから削除
      ユーザー用
        セッションの使用
          セッションの開始
          セッションの追加
          セッションのコピー
          セッションの削除
          セッションのブックマーク付け
          セッション間のジャンプ
          セッションでの切り取り、コピー、貼り付け、および入力援助
          5250 ホスト・セッションでの PC の開始コマンド (STRPCCMD) の使用
        ユーザー・セッションの構成
          マクロ、キーボード、およびツールバー定義の共用と再利用
          キーボードの再マップ
          キーを反復または非反復として指定
          ホスト・セッション・カラーの変更
          ツールバーのカスタマイズ(C)
          SSH を使用するためのクライアントの構成
          SSL を使用するためのクライアントの構成
          リダイレクターに接続するための構成
          ヒストリー・ファイルのセットアップ
          ポップアップ・キーパッドの構成
          マウス・ホイールの構成
        印刷
          画面の印刷
          余白、ページの向き、および給紙機構の変更
          ヘッダーおよびフッターの追加
          画面印刷
          画面印刷の収集
          3270 ホスト・セッションからの印刷
          5250 ホスト・セッションからの印刷
          ZipPrint
          プリンター定義テーブルのコンパイル
          プリンター設定
        ファイルの転送
          FTP の使用
          SFTP (SSH ファイル転送プロトコル) の使用
          ホスト・ファイル転送の使用
          転送オプションの変更
        セキュリティーおよび証明書管理
          クライアント認証
          クライアント証明書の取得
          証明書パスワードの変更
          SSH セッションのセキュリティー情報の表示
          サーバー証明書情報の表示
          証明書情報の表示または保管
        マクロの管理
          マクロの管理
          マクロの記録
          個人マクロ・ライブラリーにマクロを保管
          マクロの再生
          マクロの変更
          マクロの編集
          マクロの削除
        各国語サポート
          汎用各国語サポート
            3270 プリンター・セッションで作成された Adobe PDF ファイル
            一部の各国語サポート用語の定義
            各国語文字を正しく表示
            DBCS 言語
            欧州諸言語
            ギリシャ語
            トルコ語
            OS/400 の Unicode サポート
            ユーザー定義文字 (UDCs)
          双方向言語サポート
          ヒンディ語サポート
          タイ語サポート
      その他
        HTML パラメーター
        トリム長方形がマークされた場合にのみ、切り取り/コピー
        ツールバー・ボタンの追加
        プロンプトを追加
        独自のユーザー・アカウントの作成
        Database On-Demand グループ/ユーザー・ステートメント
        基本構成ステップ
        カスタム機能エディター
        Database On-Demand グループ/ユーザー・オプション
        ユーザーまたはグループのアカウントの変更
        管理者ユーザー ID およびパスワードの変更
        サービス・マネージャーの構成ポート
        CICS
        コード・ページ・コンバーターの双方向サポート
        セッション・カラーの理解
        構成サーブレットの構成
        ユーザーまたはグループのためのホスト・セッションの構成
        TLS の構成
        ユーザーまたはグループのコピー
        Java 2 ブラウザーでのカスタム・カラーの使用
        「切り取り/コピー」タブ
        JDBC ドライバーの登録
        データベース・アクセス用のファイル形式
        Database On-Demand の開始
        データベース・アクセスの概要
        転送モード
        ログオン・タイプ
        DWunzip の使用
        デフォルトのセッション構成およびユーザー設定の保管
        ENPTUI
        「入力援助」タブ
        Express Logon
        セッションのエクスポート
        ホスト印刷ジョブの後に外部コマンドを実行
        接続
        国際化対応
        FTP および sftp クライアントの概要
        FTP ランタイム設定
        開始オプション
        転送タイプ
        一般
        ログオン
        TLS/SSL
        プロキシー・サーバー
        拡張オプション (ページ設定)
        セッションのインポート
        画面データのキャプチャー (抽出アクション)
        Java プラグインの使用
        Internet Explorer を実行するクライアントの JVM レベルの検査および設定
        キー・ストローク・バッファリングの指定
        デフォルトの文字と機能
        キーボードを使用してトリム・ボックスをドローして移動する
        無効なパスワードの許容入力回数の設定
        ライセンス使用の概要
        マクロのパラメーター・リストの指定
        マクロのパラメーター・リストを指定できる場所
        Mac OS X ホスト印刷サポート
        サーバー・マクロ・ライブラリー
        マクロ・リンクの編集
        マクロ・マネージャーの使用
        マクロのプロパティーの編集
        マクロのプロパティーの表示
        ホスト・セッションのデフォルト・カラーの使用
        マクロ管理プログラムの練習
        MVS/TSO
        ネイティブ認証
        DBCS 言語に関する一般情報
        日本語
        韓国語
        中国語 (簡体字)
        中国語 (繁体字)
        中国語 (簡体字) および中国語 (繁体字)
        ユーザー定義の文字 (UDC) マッピング・エディターの使用
        NLS サポート用語
        トルコ語
        キーボード、ポップアップ・キーパッドおよびツールバー構成コンポーネントを開く
        i5/OS および OS/400
        i5/OS および OS/400 プロキシー・サーバー
        「貼り付け」タブ
        ページ設定 (3270 プリンター・セッション、3270 ディスプレイ・セッション)
        機能を無効にする
        設定
        プロンプトを追加
        プロキシー・サーバー
        「画面印刷の収集」を使用して画面の一部を取り込む
        画面印刷の収集の処理
        ディスプレイ・エミュレーション・セッションでの印刷の機能
        ローカル・ファイルを表示するブラウザーの構成
        ホストをリダイレクターに追加
        リダイレクターに定義されたホストの変更
        TLS または SSL でのリダイレクターの設定
        キーボード、ポップアップ・キーパッド、およびツールバー構成コンポーネントの保管
        アクション
        「説明」
        一般
        変数
        TLS/SSL
        セキュリティー制限
        容易に起動するようにセッションを構成する
        スマート待機時間の追加
        公開鍵のエクスポート
        既知の認証局 (CA)
        不明の CA からのサーバー証明書の使用
        セッションのセキュリティー情報
        Express Logon
        状況およびエラー情報
        Telnet 折衝セキュリティーの概説
        「トリム」タブ
        操作の取り消し
        自己署名証明書
        VM/CMS
        VT ディスプレイ・セッションの ANSI カラー属性
        VT 双方向言語サポート (アラビア語およびヘブライ語) の理解
        プロファイルのカスタマイズ
        新規プロファイル名
        ZipPrint のアプリケーションの選択
  HCL Z and I Emulator for Web (JAPANESE)
  リリース・ノート
    HCL Z and I Emulator for Web バージョン 1.0 Readme
      HCL Z and I Emulator for Web バージョン 1.0 Readme
    詳細情報
      システム要件
      既知の問題
  製品ドキュメント
    ライセンス
      Flexera を使用した ZIEWeb のライセンスの構成
      HCL ZIE License Manager
        ZIE License Manager の概要
        インストールと構成のガイド
        HCL ZIE License Manager の使用
        Flexera ライセンス統合
        HCL ZIE License Manager の制限事項
    インストール・ガイド
      本書について
        その他の Z and I Emulator for Web の資料について
        本書の規則
        用語
          Java に関連する用語
      Z and I Emulator for Web の計画
        紹介 HCL Z and I Emulator for Web
          Z and I Emulator for Web とは
          Z and I Emulator for Web の機能の仕組み
          Z and I Emulator for Web を使用する理由
            コスト効率の高い接続方法
            構成データの集中管理
            Telnet サーバーへの直接接続
            ブラウザー・ベースのユーザー・インターフェース
            多様なプラットフォームおよびネットワーク環境のサポート
            Java のサポート
            インターネット・プロトコルバージョン 6 のサポート
            多くの各国語のサポート
            セキュア接続
            カスタム HTML ファイル
            新規 e-business アプリケーションを作成するためのツールキット
            WebSphere Portal のサポート
            IBM System i サーバー上の DB2 データベースへの接続
          新機能
            以下に関する最新情報の入手: Z and I Emulator for Web
        デプロイメントの計画
          HTML ベース・モデルの理解
          構成サーバー・ベース・モデルの理解
          結合モデルの理解
          クライアント配置の考慮事項
        クライアントでの Java の計画
          Java 用のクライアントの改善
            サポートの制限
          Java を使用したクライアントのダウンロード
            プリロード・リストにないコンポーネントをダウンロードできない
            HTML ファイルにいくつかのコンポーネントが含まれていない
          Java のある Mac OS X
            Mac OS X の制限
            Java クライアントを使用すると起動時間が少し遅くなる
            Java プラグイン固有の制限
            カスタマー提供のアプレットおよび Java に関する制限
            制限付きユーザーおよび Java に関する制限
          ブラウザーと Java プラグイン
            Java 対応ブラウザー
            Java プラグインを使用した Microsoft Internet Explorer
            Java プラグインを使用した Firefox
        セキュリティーの計画
          トランスポート層セキュリティー (TLS) (Transport Layer Security (TLS))
            TLS セキュリティーの仕組み
              証明書
            次のための TLS: Z and I Emulator for Web
              セッション・セキュリティー
              Z and I Emulator for Web クライアントのための基本 TLS の使用可能化
              セッション・セキュリティーを使用する場合の例
            Web サーバー・セキュリティー
            セキュリティーの構成
          リダイレクター
            リダイレクターの使用目的
            リダイレクターの動作
            リダイレクターのロード容量
            リダイレクターがサポートするオペレーティング・システム
              IPv4 をサポートするオペレーティング・システム
              IPv6 に対するリダイレクターのサポート
          ファイアウォールと Z and I Emulator for Web の使用
            ファイアウォール・ポートの構成
            プロキシー・サーバーを介したホスト・システムへの接続
              Socks プロキシー・サーバーを介した接続
              HTTP プロキシー・サーバーを介した接続
          ユーザー ID セキュリティー
            Web Express Logon
            ネイティブ認証
            Windows ドメインのログオン
          FIPS 環境
        各国語サポートの計画
          サポートされる言語
          サポートされるホスト・コード・ページ
            3270 および 5250 コード・ページ
            VT コード・ページ
            CICS ゲートウェイ・コード・ページ
          日本語 JIS2004 Unicode のサポート
          ユーザー定義文字マッピング
          i/OS および OS/400 でのユニコード・サポート
      インストール、アップグレード、およびアンインストール Z and I Emulator for Web
        Z and I Emulator for Web サーバーおよび関連ソフトウェアのインストール
          Installation Manager を使用した Z and I Emulator for Web のインストール
            重要なリンク
          ZIEWeb のインストールの前に
            インストールの準備
          Z and I Emulator for Web のインストール
            インストールに Installation Manager GUI を使用
          デプロイメント・ウィザード
            デプロイメント・ウィザードのインストール
            Z and I Emulator for Web サーバーからのデプロイメント・ウィザード・インストール・イメージのダウンロード
          ZIE Host Access Toolkit
            ZIE Host Access Toolkit のインストール
          コンソール・モードでのインストール
            コンソール・モードでのインストールについて
            ZIEWeb を IBM iSeries にインストールする前に
            インストール手順
            コンソール・モードでのデプロイメント・ウィザードのインストール
            コンソール・モードでの ZIE Host Access Toolkit のインストール
          サイレント・モードでのインストール
            インストール手順
          構成サーブレットのインストール
            WebSphere Application Server でのサーブレットのデプロイ
        Z and I Emulator for Web サーバーのアンインストール
          Installation Manager コンソール・モードを使用した Z and I Emulator for Web のアンインストール
      Z and I Emulator for Web の構成
        Z and I Emulator for Web エミュレーター・クライアントの構成
          Z and I Emulator for Web HTML ファイルの作成
          Z and I Emulator for Web セッションの構成
          デプロイメント・ウィザードの使用
            Z and I Emulator for Web サーバーへのデプロイメント・ウィザード出力の配布
        Z and I Emulator for Web の管理クライアントおよび新規ユーザー・クライアントの使用
          管理クライアントおよび新規ユーザー・クライアントのロード
          管理クライアント
            ディレクトリー・ユーティリティー
          新規のユーザー・クライアント
        Z and I Emulator for Web エミュレーター・クライアントの使用
          エミュレーター・クライアントのロード
          適切なクライアントの選択
          Web Start クライアント
            Web Start クライアントのインストール
              Web Start クライアントを Z and I Emulator for Web サーバーからインストール
                Web ブラウザーを使用する場合
                Web ブラウザーを使用しない場合
              LAN または DVD からの Web Start クライアントのインストール
            Web Start のための Web サーバーの構成
              Apache HTTP Server または IBM HTTP Server
              Microsoft IIS 7.0
            Web Start クライアントのアップグレード
            初期インストール後の Web Start コンポーネントの追加
            Web Start でのブックマーク・セッション
            Web Start の HTTPS での使用
            Web Start クライアントの除去
          カスタマー提供の Java アーカイブおよび Java クラスのデプロイ
            AdditionalArchives HTML パラメーターの使用
            パブリッシュ・ディレクトリーからのデプロイ
            アーカイブ・ファイルについてのヒント
        Database On-Demand クライアントの使用
          ディスプレイ・エミュレーション・クライアントおよびマクロにおけるデータベース機能
          Database On-Demand クライアントの開始
          Database On-Demand の定義済みクライアント
          ユーザー用の Database On-Demand の構成
          JDBC ドライバーの入手とインストール
          データベース・アクセス用のファイル形式
          Database On-Demand での複数コード・ページの使用
            サポートされる Database On-Demand コード・ページ
        サーバー・マクロ・ライブラリーの作成およびデプロイ
          サーバー・マクロ・ライブラリーの Web サーバーへのデプロイ
            サーバー・マクロ・ライブラリーの共有ドライブへのデプロイ
        セッション・プロパティーの動的変更
          初期 HTML ファイルのセットアップ
          コード・ベースの設定
          ConfigBase パラメーターの追加
          HTML パラメーターの指定変更
          指定変更可能な特定のセッション・プロパティー
          例 #1: クライアントの IP アドレスに基づく LU 名の指定変更
          例 #2: HTML のフォームを使用してユーザーが接続先ホストを指定できるようにする
        zSeries での Z and I Emulator for Web の構成
          別々の読み取り/書き込みプライベートおよびパブリッシュ・ディレクトリーのセットアップ
            Z and I Emulator for Web プライベート・ディレクトリー用に別個のファイル・システムをセットアップ
            別のユーザー・パブリッシュ・ディレクトリーのセットアップ
          デプロイメント・ウィザードを z/OS サーバーからインストール
        IBM System i での Z and I Emulator for Web の構成
          IBM System i 上での Z and I Emulator for Web サービス・マネージャーの構成、開始および停止
            構成
            開始
            停止
            ZIE サーバー状況での作業
            情報バンドラーの開始
            ZIEWeb プリンター定義テーブルの作成
          IBM System i でのデプロイメント・ウィザードの使用
          セキュア接続のための IBM System i サーバーの構成
            i/OS および OS/400 での TLS を使用する Z and I Emulator for Web のインストールと構成
            セキュア接続のための Telnet サーバーの構成
            Z and I Emulator for Web の CustomizedCAs 鍵リングの構成
            クライアント認証
            セキュア接続用の Z and I Emulator for Web OS/400 プロキシーの構成
              TLS ユーザー許可のセットアップ
            セキュア Web サービス
          i/OS および OS/400 でのユニコード・サポート
            全般情報
            ホスト・プログラミング情報
          Eclipse プラグイン・サポート
            Z and I Emulator for Web プラグインの作成
            セッション・プロパティーの動的設定
            別のユーザー・パブリッシュ・ディレクトリーを使用する
            Z and I Emulator for Web プラグインで使用されるビュー ID
            Eclipse-Plugin 環境での Z and I Emulator for Web の使用に関する制限
          LDAP を使用する Z and I Emulator for Web サーバーの構成
            LDAP サポートの設定
            スキーマ拡張機能のインストール
            LDAP をデータ・ストアとして使用する場合の Z and I Emulator for Web サーバーの構成
      特記事項
      商標
    Web Express Logon 解説書
      本書について
        本書について
          本書の規則
      Web Express Logon の概要
        概要
          Web Express Logon、Certificate Express Logon、および Reuse Active Credentials の相違点は?
            Web Express Logon でのクライアント証明書の使用
          Certificate Express Logon から証明書ベースの Web Express Logon へのマイグレーションは可能か?
          Web Express Logon の機能
            マクロ・ベースの自動化
              サポートされる環境
                z/OS および DCAS ホスト認証
                ボールト・スタイルの信任状マッピングによる z/OS
                Portal Server の Credential Vault Service による認証
            接続ベースの自動化
              サポートされる環境
                Kerberos パスチケット認証を行う IBM i5/OS または OS/400 ホスト
                FTP ログイン
      計画
        インプリメンテーションのための計画
          ステップ 1: ログオン自動化に使用するスタイルを選択する。
          ステップ 2: 信任状の妥当性確認の範囲を識別する。
          ステップ 3: 使用の環境の一覧表を作成する。
            マクロ・ベースの自動化
            接続ベースの自動化
          ステップ 4: デプロイメント戦略を開発する。
          ステップ 5: HCM データベースを確立する。
      マクロ・ベースの自動化のインプリメント
        z/OS および DCAS 環境におけるマクロ・ベースの自動化の構成
          ステップ 1: Credential Mapper Servlet (CMS) を構成する。
            A. Z and I Emulator for Web DVD で WAR ファイルを探す。
            B. web.xml ファイルの INIT パラメーターに精通する。
            C. CMS 関連のパラメーターを編集する。
            D. オプションの CMS 関連のデバッグ・パラメーターを追加する。
            E. CMPIDCASPlugin の必要な DCAS クライアント・パラメーターを追加する。
            F. オプションの DCAS パラメーターを追加する (必要な場合)。
          ステップ 2: WAR ファイルを保管し、CMS をデプロイする。
          ステップ 3: SSL 鍵データベースを作成する。
          ステップ 4: Web サーバーの証明書を Java 鍵リングに追加する (Java 2 クライアントのみ)。
          ステップ 5: HTML ファイルの作成を開始する。
          ステップ 6: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 7: Web Express Logon マクロを記録する。
          ステップ 8: HTML ファイルの作成を終了します。
        ボールト・スタイル環境におけるマクロ・ベースの自動化の構成
          ステップ 1: Credential Mapper Servlet (CMS) を構成する。
            A. Z and I Emulator for Web DVD で WAR ファイルを探す。
            B. web.xml ファイルの INIT パラメーターに精通する。
            C. CMS 関連のパラメーターを編集する。
            D. オプションの CMS 関連のデバッグ・パラメーターを追加する。
            E. CMPIVaultPlugin の必要な Vault パラメーターを追加する。
            F. オプションの Vault パラメーターを追加する (必要な場合)。
          ステップ 2: WAR ファイルを保管し、CMS をデプロイする。
          ステップ 3: HTML ファイルの作成を開始する。
          ステップ 4: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 5: Web Express Logon マクロを記録する。
          ステップ 6: HTML ファイルの作成を終了します。
        Portal Server 環境におけるマクロ・ベースの自動化の構成
          ステップ 1:Z and I Emulator for Web ポートレットの作成を開始する。
          ステップ 2: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 3: Web Express Logon マクロを記録する。
          ステップ 4:Z and I Emulator for Web ポートレットの作成を終了する。
          ステップ 5: カスタム・ポートレットを使用してユーザー信用証明情報を管理する。
      接続ベースの自動化のインプリメント
        i5/OS または OS/400 および Kerberos 環境における接続ベースの自動化の構成
          ステップ 1: デプロイメント・ウィザードを使用してユーザーの HTML ファイルを作成する。
          ステップ 2: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
        FTP 環境における接続ベースの自動化の構成
          ステップ 1: Credential Mapper Servlet (CMS) を構成する。
            A. Z and I Emulator for Web DVD で WAR ファイルを探す。
            B. web.xml ファイルの INIT パラメーターに精通する。
            C. CMS 関連のパラメーターを編集する。
            D. オプションの CMS 関連のデバッグ・パラメーターを追加する。
            E. CMPIVaultPlugin の必要な Vault パラメーターを追加する。
            F. オプションの Vault パラメーターを追加する (必要な場合)。
          ステップ 2: WAR ファイルを保管し、CMS をデプロイする。
          ステップ 3: HTML ファイルの作成を開始する。
          ステップ 4: Web Express Logon を使用するように Z and I Emulator for Web セッションを構成する。
          ステップ 5: HTML ファイルの作成を終了します。
      API プログラミング・ガイド
        Web Express Logon のカスタマイズ
          アプローチ 1: CMS 全体を独自のカスタム・バージョンのサーブレットと置き換える
            HTTP 要求パラメーター
            XML データ応答オブジェクト
          アプローチ 2: 以下に提供されている既存の CMS をカスタマイズする: Z and I Emulator for Web
            com.ibm.eNetwork.security.SSO.CMS.CMInterface
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMRequest
            com.ibm.eNetwork.security.sso.CMResponse
          独自のプラグインの作成
      エラー・メッセージのトラブルシューティング
        Web Express Logon のトラブルシューティング
          Web Express Logon クライアント・サイド・メッセージ
          Web Express Logon サーバー・サイド・メッセージ
          DCAS エラー・メッセージ
      Web Express Logon マクロの記録
      サーバー・ベース・モデル構成を使用した Web Express Logon
      パスワード暗号化ツール
        Windows プラットフォーム
        Unix プラットフォーム
      サンプル HCM プラグイン
        HCM プラグインを作成する。
        web.xml ファイルを更新する。
      用語集
        認証タイプ (authentication type)
        クライアント証明書 (client certificate)
        接続ベースの自動化
        信任状チャレンジ (credential challenges)
        Credential Mapper Servlet (CMS)
        Digital Certificate Access Server (DCAS)
        エンタープライズ ID マッピング (EIM)
        絶対クラス・パス名 (full class path name)
        Host Credential Mapper (HCM)
        ホスト ID (host ID)
        ホスト・マスク (host mask)
        Kerberos
        マクロ・ベースの自動化
        ネットワーク ID (network ID)
        Network Security プラグイン
        Portal Server Credential Vault
        リソース・アクセス管理機能 (RACF)
      詳細情報としてのソース
      特記事項
      商標
    マクロ・プログラミング・ガイド
      本書について
        その他の Z and I Emulator for Web の資料について
        本書の規則
      マクロの基本
        概要
          Z and I Emulator for Web マクロ
            マクロの定義
            マクロの利点
            初級ユーザー
            上級ユーザー
            プログラミング機能
            サンプル
          マクロの配置
          マクロを使用したエンタープライズ・アプリケーションの統合
          ZIE Host Access Toolkit
          マクロとセキュリティー
          本書における 3270 アプリケーション
        マクロのコンポーネント
          概要
          マクロ管理プログラム
            マクロ・マネージャー・ツールバー
            マクロ・エディター
            コード・エディター
          マクロ・ランタイム
          マクロ・オブジェクト
          その他の用語の定義
        単純マクロの記録と再生
          単純マクロの記録
          単純マクロの再生
          キーの組み合わせへのマクロの割り当て
        マクロの構造
          マクロ・スクリプト
            XML エレメント
            マクロ・スクリプトの概念視点
            マクロ・タブの概要
          マクロ画面とそのサブコンポーネント
            アプリケーション画面
            マクロ画面
            マクロ画面の概念視点
            画面タブの概要
      マクロの開発
        データ・タイプ、演算子、および式
          マクロ形式の選択
            基本マクロ形式と拡張マクロ形式の比較
            ストリングと特殊文字の表記、演算子文字の取り扱い
              基本マクロ形式のストリング表記規則
              拡張マクロ形式のストリング表記規則
            別の形式へのマクロの変換
              拡張マクロ形式へのマクロの変換
              基本マクロ形式へのマクロの変換
          標準データ・タイプ
            ブール・データ
              ブール値はストリングではない
            整数
              整数定数
            倍精度
            ストリング
          フィールド
          値 null
          算術演算子および式
            演算子および式
            演算式の使用場所
          ストリング連結演算子 (+)
            演算子および式
          条件演算子と論理演算子および式
            条件式には複合条件を含むことができる
            条件式の用途
          自動データ型変換
            コンテキストの影響
            ブールへの変換
            整数への変換
            倍精度への変換
            ストリングへの変換
            変換エラー
          等価
          行または列の負の値の意味
        マクロ・ランタイムによるマクロ画面の処理方法
          概要
            例として使用されるシナリオ
            マクロ画面の処理ステージ
            ステージ 1 の詳細
            プロセス全体 (3 つの全ステージ) の概要
            概要の結論
          ステージ 1: 次に処理するマクロ画面を決定する。
            有効な次画面のリストへのマクロ画面名の追加 (ステップ 1(a))
              有効な次画面
              マクロ・ランタイムによる候補マクロ画面名の選択方法
                最初のマクロ画面
                後続のマクロ画面
                一時画面
            画面認識 (ステップ 1(b))
              評価の概要
              評価のやり直し
              マクロ画面がアプリケーション画面と一致するかどうかの判別
              2 つの認識機能
                画面認識のタイムアウト設定
                認識限界
            有効な次画面のリストからの候補マクロ画面の名前の除去 (ステップ 1(c))
          ステージ 2: 選択された候補を新しい現行マクロ画面にする
          ステージ 3: 新しい現行マクロ画面のアクションを実行する
            アクション後の遅延の挿入
          処理サイクルの繰り返し
          マクロの終了
        画面記述と画面認識
          用語の定義
          記述タブの概要
            記述タブの例
              新しい記述子の作成
          説明の記録
            記録される情報
            記録された説明が機能する理由
            記録された記述子が提供するフレームワーク
          記述子の評価
            役立つ情報
            プロセスの概要
            個々の記述子の評価
            デフォルト結合メソッド
              デフォルト結合メソッドの用途
              逆ディスクリプター
              オプション
              デフォルト結合規則
            uselogic 属性
          記述子
            概要
            「フィールド数および OIA」記述子
              必須
              3 つの別々の独立したディスクリプターを 1 つのディスクリプターとして提示する
              画面認識時の取り扱い
              「OIA が禁止解除になるのを待つ」記述子 (<oia> エレメント)
                セッションを指定する
              「フィールド数」記述子 (<numfields> エレメント)
                セッションを指定する
              「入力フィールド数」記述子 (<numinputfields> エレメント)
                セッションを指定する
              マクロ開発時のセッション・ウィンドウ内のフィールド数のカウント
            ストリング記述子 (<string> エレメント)
              長方形域の指定
              マクロ・ランタイムが長方形域を検索する方法 (ラップ・オプション)
                ストリング記述子における抽出ストリングの使用
              新規ストリング記述子における '*' ストリング
              簡単なパラメーター入力方法
              同じ <description> エレメント内の複数のストリング記述子
              セッションを指定する
            カーソル記述子 (<cursor> エレメント)
              セッションを指定する
            属性記述子 (<attrib> エレメント)
              属性の指定
              セッションを指定する
            条件記述子 (<condition>) エレメント
            カスタム記述子 (<customreco> エレメント)
          変数更新アクション (<varupdate> エレメント)
            説明内の変数更新アクションの処理
            uselogic 属性を使用した変数更新
        マクロ・アクション
          概要
            機能別のアクション
            アクションの実行方法
              ランタイムのコンテキスト
              マクロ画面のコンテキスト
            アクションのパラメーターの指定
          「アクション (Actions)」タブの概要
            「アクション (Actions)」タブの例
            新規アクションの作成
          アクション
            ボックス選択アクション (<boxselection> エレメント)
              行と列の値の指定
              マーキング長方形の消去
              セッションを指定する
              
            通信待機アクション (<commwait> エレメント)
              アクションの動作
              永続的な通信状況の指定
              通信状態
              セッションを指定する
              
            条件アクション (<if> エレメントおよび <else> エレメント)
              条件の指定
              条件が真 (<if> エレメント)
              条件が偽 (<else> エレメント)
              条件アクションの中で使用できない条件アクション
              
            抽出アクション (<extract> エレメント)
              テキストのキャプチャー
                「連続抽出」オプションを設定する
                セッション・ウィンドウの領域を指定する
                抽出名を指定する
                データ平面として TEXT_PLANE を指定する
                テキストを格納する変数を指定する
              ヌルなどの表示不可文字の処理
              セッション・ウィンドウの長方形領域のキャプチャー
              セッション・ウィンドウからのテキスト・シーケンスのキャプチャー
              「テキストのアンラップ (Unwrap Text)」オプション
                「テキストのアンラップ (Unwrap Text)」が true で「連続抽出」が false の場合
                「テキストのアンラップ (Unwrap Text)」が true で「連続抽出」が true の場合
              Toolkit を使用したデータ・プレーンからのデータのキャプチャー
              セッションを指定する
            FileUpload アクション (<fileupload> エレメント)
              データベース・サーバーとの接続
                データベース URL
                ドライバー ID とドライバー・クラス
                ユーザー ID とパスワード
              ファイル・アップロードの情報の指定
                ファイル名およびファイル・タイプ
                テーブル名
                作成
                置換
                付加
                更新
              Z and I Emulator for Web クライアント用のデータベース・コンポーネントのプリロード
            入力アクション (<input> エレメント)
              タイプ入力の開始位置
              入力エラー
              入力ストリング
              ホスト・アクション・キーの変換
              カーソルを入力の終わりに移動
              パスワード
                マクロ記録中の自動暗号化
                「パスワード」チェック・ボックスの使用
                コード・エディターの使用
                変数名の暗号化
              セッションを指定する
              
            メッセージ・アクション (<message> エレメント)
              メッセージ表題とメッセージ・テキストの表示
            マウス・クリック・アクション (<mouseclick> エレメント)
              行と列の指定
              セッションを指定する
              コピーと貼り付けの例
            休止アクション (<pause> エレメント)
            実行アクション (<perform> エレメント)
              メソッドの呼び出し
              
            PlayMacro アクション (<playmacro> エレメント)
              PlayMacro アクションの追加
              ターゲット・マクロのファイル名と開始画面
              変数の転送
                変数を転送するための要件
                制約事項
                追加情報
                ターゲット・マクロがタイプをインポートする必要がある場合
              
            印刷アクション (<print> エレメント)
              印刷開始
                プリンター・セットアップとページ・セットアップ
                戻りコードの変数への割り当て
              印刷抽出
                印刷する領域の指定
                戻りコードの変数への割り当て
                セッションを指定する
              印刷終了
                戻りコードの変数への割り当て
            プロンプト・アクション (<prompt> エレメント)
              プロンプト・ウィンドウの表示
                プロンプト・ウィンドウの各部分
                デフォルトの応答
                パスワードの応答
                応答が必要
              入力フィールドの内容の処理
                応答の長さ
                アクション・キーとホスト・アクション・キーの変換
              セッション・ウィンドウでの入力シーケンスの処理
              変数への入力シーケンスの割り当て
              promptall 属性
              セッションを指定する
            プログラム実行アクション (<runprogram> エレメント)
              ネイティブ・アプリケーションの起動
              ネイティブ・アプリケーションの終了の待機
              戻りコードの取り込み
              ネイティブ・アプリケーションの起動例
            SQLQuery アクション (<sqlquery> エレメント)
              2 つのセクション: ステートメントと結果
              SQL ウィザードの使用
              SQL ステートメントのインポート
              ステートメント・セッションのフィールドの使用
                データベース URL
                ドライバー ID とドライバー・クラス
                ユーザー ID とパスワード
                ステートメント
              結果セクションの使用
                グローバル変数 ($HMLSQLUtil$) へのデータの格納
                ファイルへのデータの書き込み
                データの表示
              Z and I Emulator for Web クライアント用のデータベース・コンポーネントのプリロード
            トレース・アクション (<trace> エレメント)
              
              ユーザー・トレース・イベント
            変数更新アクション (<varupdate> エレメント)
              フィールド変数に対する変数更新アクション
                フィールドの一部の読み取り
            Xfer アクション (<filexfer> エレメント)
              基本パラメーター
              拡張パラメーター
              BIDI セッション (アラビア語またはヘブライ語) 用のパラメーター
              セッションを指定する
              
        画面認識、第 2 部
          有効な次画面
          入り口画面、出口画面、および一時画面
            入り口画面
              複数の入り口画面があるマクロ
              入り口画面は通常画面にもすることが可能
            出口画面
            一時画面
              一時画面の処理の例
          画面認識のタイムアウト設定
            画面認識
            画面間のタイムアウト (「マクロ」タブ)
            タイムアウト (「リンク」タブ)
          認識限界 (「画面」タブの「その他」タブ)
            認識限界に達したことの判別
            認識限界に達したときのアクション
        アクション、パート 2: タイミングの問題
          アクション後の休止
            アクションの処理速度
            アクション間の休止 (「マクロ」タブ)
            休止時間の設定 (「画面」タブの「その他」タブ)
            特定のアクションの後に休止を追加する
          画面の完了
            次のマクロ画面の認識が早すぎる
            通常の TN3270 プロトコル
            ソリューション
              記述子の追加
              入力アクションの後に遅延を挿入する
              TN3270E のコンテンション解消機能の使用
            画面の完了に関係する属性
              ignorepauseforenhancedtn=true/false
              ignorepauseoverride=true/false
              delayifnotenhancedtn=(ミリ秒)
        変数とインポートした Java クラス
          変数とインポート型の概要
            拡張マクロ形式が必要
            変数の有効範囲
            「変数 (Variables)」タブの概要
              変数の新規作成
              Java クラスのインポート済みタイプを作成
          注意を必要とする問題
            Java ライブラリーまたはクラスの配置
            変数名とタイプ名
            マクロ間での変数の転送
            フィールド変数
          変数を使用する
            変数が初期化される時点
            標準タイプに属する変数の使用
              変数が保持する値の使用
              標準タイプに属する変数への値の書き込み
                制約事項
                標準タイプの変数に Java オブジェクトを書き込む
            インポート済みタイプに属する変数の使用
              変数が保持する値の使用
              制約事項
              インポート済みタイプに属する変数への書き込み
            同じインポート済みタイプの変数の比較
          パラメーター・リストのマクロへの引き渡し
            Z and I Emulator for Web によるパラメーター・リストの処理方法
            パラメーター・リストの指定
              パラメーター・リストの指定場所
              パラメーター・リストの形式
              パラメーター・リストでのエラーの確認
              パラメーター・リストのプログラムからの指定
            マクロ作成者の考慮事項
            チェーニングされたマクロで変数を初期化しないパラメーター・リスト
          Java メソッドの呼び出し
            メソッド呼び出しを使用できる個所
            メソッド呼び出しの構文
            マクロ・ランタイムが呼び出し先メソッドを検索する方法
          Macro Utility Libraries (HML ライブラリー)
            HML ライブラリーに属するメソッドの呼び出し
            HML で開始される予約済み変数名
            $HMLFormatUtil$
              数値と現行ロケールの形式との相互変換
              メソッドの詳細
                numberToString()
                stringToNumber()
            $HMLPSUtil$
              表示スペース
              メソッドの詳細
                convertPosToCol()
                convertPosToRow()
                enableRoundTrip()
                getCursorCol()
                getCursorPos()
                getCursorRow()
                getSize()
                getSizeCols()
                getSizeRows()
                getString()
                searchString()
            $HMLSessionUtil$
              メソッドの詳細
                getHost()
                getLabel()
                getName()
            $HMLSQLUtil$
              保管データの形式
              メソッドの詳細
                getColumnSize()
                getDataByIndex()
                getDataByName()
                getRowSize()
            $HMLSystemUtil$
              メソッドの詳細
                getHTMLParameter()
                getenv()
                  制限
                getSystemProperty()
                一般的な制限
            FormatNumberToString() および FormatStringToNumber()
        その他のセキュリティー・オプション
          パスワードの記録
            「パスワードの記録」が使用可能な場合
            「パスワードの記録」が使用不可な場合
        その他の拡張機能
          複数のセッションとの対話
            基本
            実装
            マクロ画面作成の 2 つの手法
            ランタイムの処理
              Descriptors
                すべてのディスクリプターが同じアクティブ・セッションに適用される
                ディスクリプターが異なるアクティブ・セッションに適用される
              アクション
            ランタイムの要件
            ホスト ID の指定
              異なるセッションでの自動編集機能の使用
            複数のセッションと対話するマクロの記録
              マクロ・スクリプトの格納
              記録済みマクロ画面は単一のセッション・ウィンドウを参照
              開始、停止、および、セッションの切り替え
              現在選択されているセッション
              その他のアクティブ・セッション
              複数のアクティブな記録
            同一のマクロ画面での異なるセッションの参照
            マクロ記録のディセーブリング
        グラフィカル・ユーザー・インターフェース
          マクロ・エディター内のフィールドの更新
            セッション・ウィンドウの使用
            マーキング長方形の使用
            セッション・ウィンドウのテキスト・カーソルの使用
            ストリングを指定する際のエラー
          コード・エディターの使用
            本書からコード・エディターへのスクリプトのコピー・アンド・ペースト
      マクロ言語
        マクロ言語の機能
          XML の使用
            Z and I Emulator for Web マクロ言語の XML 構文
            コード・エディター
          エレメントの階層
          マクロ・スクリプトへのコメントの挿入
            コメントの形式
            コメント・エラー
            コメントの例
          <trace> エレメントを使用したマクロ・スクリプトのデバッグ
          マクロと組み合わせた ZIE Host Access Toolkit 製品
        マクロ言語エレメント
          属性の指定
            XML 要件
            属性値の拡張形式
            タイプ付きデータ
          <actions> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <attrib> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <boxselection> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <comment> エレメント
            一般
              コメントの挿入方法
            属性
            XML サンプル
          <commwait> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <condition> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <create> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <cursor> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <custom> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <customreco> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <description> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <else> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <extract> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <fileupload> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <filexfer> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <HAScript> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <if> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <import> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <input> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <message> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <mouseclick> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <nextscreen> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <nextscreens> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <numfields> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <numinputfields> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <oia> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <pause> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <perform> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <playmacro> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <print> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <prompt> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <recolimit> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <runprogram> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <screen> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <sqlquery> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <string> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <trace> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <type> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <vars> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
          <varupdate> エレメント
            一般
            属性
            XML サンプル
        サンプル・マクロ・コード
          Excel スプレッドシートまたは DB2 データベースへの CICS トランザクション・レコードのコピー
            概要
            Excel サンプルの実行手順 (Windows のみ)
            DB2 サンプルの実行手順
      追加情報
        1 つのマクロ画面内の複数ディスクリプターのデフォルト結合規則
          規則の記述
        入力アクションの略号キーワード
      特記事項
      商標
    Host Access Toolkit
      本書について
      ZIE Host Access Toolkit の紹介
        ZIE Host Access Toolkit のコンポーネント
        Z and I Emulator for Web Version 1.0 の新機能
          含まれる新機能 Z and I Emulator for Web Version 1.0
        詳細情報
          Web サイト
      ZIE Host Access Toolkit の計画
        サポートされるオペレーティング・システム
        ディスク・スペース所要量
        サポートされているブラウザー
        Java サポート
      ZIE Host Access Toolkit のインストール
      ZIE Host Access Toolkit アプリケーション・プログラミング・インターフェースの紹介
        Host Access Class Library の紹介
        Host Access Beans の紹介
          説明
          イベント
          ユーザー補助機能
        Z and I Emulator for Web J2EE Connector の紹介
      iSeries Toolbox for Java のインストール
      特記事項
        商標
    ホスト印刷解説書
      本書について
      本書の規則
      ホスト印刷 (3270) の概要
      プリンター定義テーブル (3270) の作成
      プリンター定義ファイル (3270) の形式の理解
      ホスト印刷について (5250)
      ホスト印刷 (VT) の概要
      プリンター・データ・ストリーム情報 (3270)
      各国語サポート
      拡張構成オプション (3270)
      トラブルシューティング
      関連プリンター・セッション (3270)
      プリンター定義ファイルの例 (3270)
    チュートリアル
      HTML テンプレートのカスタマイズ
      SSH クライアントの構成
      ISeries での ZIE for Web
    トラブルシューティングおよびサポート
      トラブルシューティングの概説
      トラブルシューティング・チェックリスト
      ユーザーのためのトラブルシューティングのヒント
      知識ベースの検索
        Web 検索
      フィックスの入手
      HCL サポートへのコールの準備
      サポートへのコンタクト
    オンライン・ヘルプ
      管理者に向けて
        ZIE License Manager
          ZIE License Manager の概要
          インストールと構成のガイド
          HCL ZIE License Manager の使用
          Flexera ライセンス統合
          HCL ZIE License Manager の制限事項
        概説
          デプロイメントの計画
          Web Start のための Web サーバーの構成
        デプロイメント・ウィザード
          デプロイメント・ウィザードへようこそ
          構成モデル
          ZIE for Web Java レベルの選択
          ブラウザーに依存しない ZIE for Web クライアント
            ZIEWeb Launcher
            管理対象 ZIEWeb
          クライアント設定
          Web Start クライアント
          プリロード・オプション
          拡張オプション
            HTML パラメーター
            コード・ベース
            HTML テンプレート
          ファイル名および出力フォーマット (File Name and Output Format)
        HTML モデル
          HTML ベース・モデルの理解
          HTML ベース・モデルの利点
          デプロイメント・ウィザードを使用したセッションの構成および管理
            ホスト・セッションの構成
            機能を無効にする
            マクロ、キーボード、およびツールバー定義の共用および再利用 (管理者)
        構成サーバー・モデル
          構成サーバー・ベース・モデルの理解
          構成サーバー・ベースのモデル
          ユーザーおよびグループの管理
            グループの追加
            ユーザーによるアカウントの作成を可能にする
            ユーザーの追加
            ユーザーまたはグループの削除
            ディレクトリー・ユーティリティーの使用
          管理ユーティリティーを使用したセッションの構成および管理
            ホスト・セッションの構成
            機能を無効にする
            マクロ、キーボード、およびツールバー定義の共用と再利用
          LDAP
            ディレクトリーの理解
            LDAP の設定および使用
            LDAP ディレクトリー情報の指定
            LDAP ディレクトリーへのマイグレーション
            LDAP へのマイグレーションの考慮点
          複合モデル
            結合モデルの理解
            結合モデル
          Java 1 および Java 2
            クライアントでの Java の計画
            Java 1
            Java 2
          セキュリティーおよび証明書管理
            サーバー認証
            サーバー証明書の取得
            サーバー証明書をクライアントに使用可能にする
            SSH を使用するためのクライアントの構成
            SSL を使用するためのクライアントの構成
          マクロを使用する作業
            マクロ・エディターの使用
            マクロ・マネージャーの使用
            サーバー・マクロ・ライブラリーの作成およびデプロイ
            マクロ画面定義の編集
          サービス・マネージャー
            サービス・マネージャーの構成
            リダイレクターの使用
              リダイレクターの紹介
              リダイレクターでのホストの定義
              リダイレクターに定義されたホストの変更
              ホストをリダイレクターから削除
      ユーザー用
        セッションの使用
          セッションの開始
          セッションの追加
          セッションのコピー
          セッションの削除
          セッションのブックマーク付け
          セッション間のジャンプ
          セッションでの切り取り、コピー、貼り付け、および入力援助
          5250 ホスト・セッションでの PC の開始コマンド (STRPCCMD) の使用
        ユーザー・セッションの構成
          マクロ、キーボード、およびツールバー定義の共用と再利用
          キーボードの再マップ
          キーを反復または非反復として指定
          ホスト・セッション・カラーの変更
          ツールバーのカスタマイズ(C)
          SSH を使用するためのクライアントの構成
          SSL を使用するためのクライアントの構成
          リダイレクターに接続するための構成
          ヒストリー・ファイルのセットアップ
          ポップアップ・キーパッドの構成
          マウス・ホイールの構成
        印刷
          画面の印刷
          余白、ページの向き、および給紙機構の変更
          ヘッダーおよびフッターの追加
          画面印刷
          画面印刷の収集
          3270 ホスト・セッションからの印刷
          5250 ホスト・セッションからの印刷
          ZipPrint
          プリンター定義テーブルのコンパイル
          プリンター設定
        ファイルの転送
          FTP の使用
          SFTP (SSH ファイル転送プロトコル) の使用
          ホスト・ファイル転送の使用
          転送オプションの変更
        セキュリティーおよび証明書管理
          クライアント認証
          クライアント証明書の取得
          証明書パスワードの変更
          SSH セッションのセキュリティー情報の表示
          サーバー証明書情報の表示
          証明書情報の表示または保管
        マクロの管理
          マクロの管理
          マクロの記録
          個人マクロ・ライブラリーにマクロを保管
          マクロの再生
          マクロの変更
          マクロの編集
          マクロの削除
        各国語サポート
          汎用各国語サポート
            3270 プリンター・セッションで作成された Adobe PDF ファイル
            一部の各国語サポート用語の定義
            各国語文字を正しく表示
            DBCS 言語
            欧州諸言語
            ギリシャ語
            トルコ語
            OS/400 の Unicode サポート
            ユーザー定義文字 (UDCs)
          双方向言語サポート
          ヒンディ語サポート
          タイ語サポート
      その他
        HTML パラメーター
        トリム長方形がマークされた場合にのみ、切り取り/コピー
        ツールバー・ボタンの追加
        プロンプトを追加
        独自のユーザー・アカウントの作成
        Database On-Demand グループ/ユーザー・ステートメント
        基本構成ステップ
        カスタム機能エディター
        Database On-Demand グループ/ユーザー・オプション
        ユーザーまたはグループのアカウントの変更
        管理者ユーザー ID およびパスワードの変更
        サービス・マネージャーの構成ポート
        CICS
        コード・ページ・コンバーターの双方向サポート
        セッション・カラーの理解
        構成サーブレットの構成
        ユーザーまたはグループのためのホスト・セッションの構成
        TLS の構成
        ユーザーまたはグループのコピー
        Java 2 ブラウザーでのカスタム・カラーの使用
        「切り取り/コピー」タブ
        JDBC ドライバーの登録
        データベース・アクセス用のファイル形式
        Database On-Demand の開始
        データベース・アクセスの概要
        転送モード
        ログオン・タイプ
        DWunzip の使用
        デフォルトのセッション構成およびユーザー設定の保管
        ENPTUI
        「入力援助」タブ
        Express Logon
        セッションのエクスポート
        ホスト印刷ジョブの後に外部コマンドを実行
        接続
        国際化対応
        FTP および sftp クライアントの概要
        FTP ランタイム設定
        開始オプション
        転送タイプ
        一般
        ログオン
        TLS/SSL
        プロキシー・サーバー
        拡張オプション (ページ設定)
        セッションのインポート
        画面データのキャプチャー (抽出アクション)
        Java プラグインの使用
        Internet Explorer を実行するクライアントの JVM レベルの検査および設定
        キー・ストローク・バッファリングの指定
        デフォルトの文字と機能
        キーボードを使用してトリム・ボックスをドローして移動する
        無効なパスワードの許容入力回数の設定
        ライセンス使用の概要
        マクロのパラメーター・リストの指定
        マクロのパラメーター・リストを指定できる場所
        Mac OS X ホスト印刷サポート
        サーバー・マクロ・ライブラリー
        マクロ・リンクの編集
        マクロ・マネージャーの使用
        マクロのプロパティーの編集
        マクロのプロパティーの表示
        ホスト・セッションのデフォルト・カラーの使用
        マクロ管理プログラムの練習
        MVS/TSO
        ネイティブ認証
        DBCS 言語に関する一般情報
        日本語
        韓国語
        中国語 (簡体字)
        中国語 (繁体字)
        中国語 (簡体字) および中国語 (繁体字)
        ユーザー定義の文字 (UDC) マッピング・エディターの使用
        NLS サポート用語
        トルコ語
        キーボード、ポップアップ・キーパッドおよびツールバー構成コンポーネントを開く
        i5/OS および OS/400
        i5/OS および OS/400 プロキシー・サーバー
        「貼り付け」タブ
        ページ設定 (3270 プリンター・セッション、3270 ディスプレイ・セッション)
        機能を無効にする
        設定
        プロンプトを追加
        プロキシー・サーバー
        「画面印刷の収集」を使用して画面の一部を取り込む
        画面印刷の収集の処理
        ディスプレイ・エミュレーション・セッションでの印刷の機能
        ローカル・ファイルを表示するブラウザーの構成
        ホストをリダイレクターに追加
        リダイレクターに定義されたホストの変更
        TLS または SSL でのリダイレクターの設定
        キーボード、ポップアップ・キーパッド、およびツールバー構成コンポーネントの保管
        アクション
        「説明」
        一般
        変数
        TLS/SSL
        セキュリティー制限
        容易に起動するようにセッションを構成する
        スマート待機時間の追加
        公開鍵のエクスポート
        既知の認証局 (CA)
        不明の CA からのサーバー証明書の使用
        セッションのセキュリティー情報
        Express Logon
        状況およびエラー情報
        Telnet 折衝セキュリティーの概説
        「トリム」タブ
        操作の取り消し
        自己署名証明書
        VM/CMS
        VT ディスプレイ・セッションの ANSI カラー属性
        VT 双方向言語サポート (アラビア語およびヘブライ語) の理解
        プロファイルのカスタマイズ
        新規プロファイル名
        ZipPrint のアプリケーションの選択